2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

2020年7月13日 (月)

マスクと靴を脱ぐのは有効

◆NHKラジオ(0711)
○海外マイあさだより
 北京で再び感染者が出現してから1ヶ月。
 大規模卸売市場を介して感染拡大。
 規制が緩和されていたのに、また学校が休校になるなど、いろいろ振り回されている感じ。
 経済活動も維持する必要があるので、コロナとの共生が求められています。

◆NHKラジオ(0712)
○海外マイあさだより
 アルゼンチンでは厳しい隔離政策を実施中です。
 そのアルゼンチンのカタマルカ州ではマスクの着用を義務図けていたところから最近まで感染者が出なかったそうです。
 なんでも州知事が日本留学経験からマスクが効果的であることを知っていたのだとか。
 あと、靴を脱ぐという方針も考えたそうですが、こちらは文化的に難しかったみたいで断念したみたいです。
 けっこう日本の習慣が役に立っているよね。

◆NHKラジオ(0713)
○ワールドリポート
 韓国の日本製品不買運動から1年。
 日系企業の売り上げ減少や撤退の動きがあります。
 それでも日本製品が求められている向きもあります。
 関係改善は容易ではなく、韓国がWTOに訴えたり政治的な主張を続けたりしているので、しばらくは現状が続くでしょう。

2020年7月12日 (日)

しろぎつね分類について再び

 人類社会の構成を考えた時、以下の6種類の区分が主流となる。

・第1列:行政機構、国や自治体による統治の区分
・第2列:郷里の名主や国人といった直接住民と関与する区分
・第3列:軍事
・第4列:商業、経済、金融などの区分
・第5列:放送、出版など情報を扱う区分
・第6列:宗教

Img001
 以前これをしろぎつね分類と仮称しブログに書いていた。

 この形が基本形だが実際にはもう少し複雑になる。
 例えば、第1列を運用するのには政党による指導が一般的であるが、国によって政党の立ち位置は異なる。
 第2列は行政が指導することもあれば、郷里の独自色が強いところもある。指導者が名主や国人の場合や政党や宗教の場合がある。
 第3列は指導者が行政や政党の場合と軍独自の場合がある。これは国によりかなり違いや特色がある。
 第4列は、これも国によって異なるが、行政、政党の影響力が強いもの、または経済団体独自のものがある。その国の経済の仕組みと密接に関係している。
 第5列は政治の仕組みにより各国でそれぞれ異なる。基本的には独自で動くはずだが、政党、行政が積極的に関与したり政治団体が深く関わったり、色が付くことが多々ある。
 第6列は、これこそ独自で動くはずだが、政党による規制が強い国もある。逆に宗教が第1列に深く関与する国もある。

 今回は第1列から第6列について簡単に説明した。
 以降はこの区分を用いて説明する予定である。

 今回のちょっとした追記。
 第1列や第2列から外れた社会活動としてボランティアに区分されるものがある。行政の代わりに独自の動きをするもので、第1列や第2列に組み入れられる時もあるが、本来は第1列や第2列第1列や第2列から独立したもの。
 もう一つ、第1列や第2列が処理しないものとして、やくざや暴力団、マフィアなどの活動がある。彼らの活動は違法、脱法であるにも関わらず社会を構成するので、彼らは自分たちをボランティアと位置付けることがある。
 しかし、ボランティアというものは遵法であるので、それは違う。
 表からこぼれた仕事と言えど同一視はできない。

2020年7月11日 (土)

世界はすごい

◆「南アフリカを上空から見ると…貧富の差に驚いた」海外の反応
http://labaq.com/archives/51922539.html

 世界はすごいな。

*****
◆NHKラジオ(0711)
〔アジアリポート〕
○中国・上海 板屋美幸
 中国でのコロナはいったん収まったけどまたぶり返す兆候も。
 全国大学統一入試の高考も1月遅れで実施。
 伝統的テーマパークも商店街が売り上げ減で廃業続出。
 どの国も大変みたい。

○タイ・チェンマイ 長田繁人
 タイのコロナはなかり収まったみたいで規制も徐々に緩和へ。
 旧正月はコロナのせいで飛んでしまったけど、その分を国王の誕生日のところに付け替えて連休にしたみたいだけど、やっぱり正月気分にはならないそうで。
 そりゃそうだよね。

2020年7月10日 (金)

中国の攻勢

すおう
 最近中国がえらい仕掛けてきよるわ。

あかね
 コロナが一段落したらよその国があっぷあっぷしよるんで、よっしゃいったろって感じなんかな。

すおう
 香港でイギリスのメンツを潰しにかかるとは思わなんだなあ。
 東シナ海や南シナ海は日本や東南アジアがヘタレやからやりたい放題やしな。

あかね
 相手が弱ったらとりあえずたたきにいかなあかんって法律でもあるんかな、あの国は。

すおう
 攻勢限界点になったときどうするんやろ。

*****
◆NHKラジオ(0710)
〇ワールドリポート
 中国は東南アジア各国と領有権を争う南シナ海で活動を活発化。
 南シナ海に行政区分を設定したり、軍事演習をしたり、南シナ海での影響力を誇示。
 中国は国内の新型コロナウイルス対策が一段落した段階で、各国がまだ対策に追われるのを好機と見たか。
 ベトナムやインドネシアはかなり反発。
 米国より中国に傾いていたフィリピンでさえ、中国寄りから反発へ転換している。
 さて、どうなることやら。

〇ワールドアイ
 ミャンマーの国民的料理の話題。
 おすすめの一つにモヒンガがあります。
 そうめんに似た麺料理で、鯰や鯉のだしを取ったものです。
 どんな味がするのでしょうね。

2020年7月 9日 (木)

「マタタビ町は猫びより」(田丸雅智)

 田丸先生の作品は、大原さやかさんの「月の音色」という朗読ラジオ番組で初めて知ったものです。
 ショートショートというといろいろな作家さんを思い出しますが、田丸先生のは独特です。
 このマタタビ町は猫びよりという作品は、マタタビ町という架空の町に暮らす猫たちと、一緒にいる人間のちょっと面白いお話になります。
 クスッとするお話、おとぼけなお話といろいろあって、それでもほろりと来るお話で要所要所を締めているのが心憎いです。
 猫好きの人もショートショート好きの人も、是非手に取って読んでみていただきたい本です。
 面白いよ。

2020年7月 8日 (水)

宇宙から見た彗星

 宇宙から見たらこんな感じ。

*****
◆NHKラジオ(0708)
○ワールドリポート
 ヨーロッパも香港問題に懸念を示していますが、米国のように中国と対立するかは不明。
 経済や環境などいろいろ問題が山積しているので。

2020年7月 7日 (火)

雑記

正義、自由、平等というのは核兵器
持っている分には心強いが、ぶっ放すと被害甚大

*****
◆NHKラジオ(0707)
○ワールドリポート
 ボルトン氏の回顧録の話題。
 いろんなところから批判されていて治まる気配がありません。

2020年7月 6日 (月)

7月からのNHKカルチャーラジオ

・歴史再発見「古代ローマ成立期の皇帝たち」
 ローマ帝国は楽しみ。

・芸術のその魅力「ベートーベンの生涯と作品」
 ベートーベンはちょっと興味ありますね。

・文学の世界「曹操・関羽没後1800年 三国志の世界」
 三国志は大好物です、

・科学と人間「海の哺乳類の進化と生態」
 春のタイミングでコロナのため延期になったもの。

・こころをよむ「心の整えかた トップアスリートならこうする」
 面白そうですが、講師の方が美人なのが気になります。

*****
◆NHKラジオ(0705)
○海外マイあさだより
 ベナンへの寄付や援助が、最終的にベナンのためにならないという考え。
 ベナンの商業や産業が育たず、もらって当たり前という気持ちが出てしまうし、寄付する方にも寄付してあげるという気持ちが出てしまうのであまり健全ではないということ。
 ベナンの健全な発展のためにもいろいろ考えないといけない。
 ベナンは赦しとか良い心根の思想がある国なので、健全な発展を遂げて欲しいものです。

◆NHKラジオ(0706)
○ワールドリポート
 東南アジアでは昔から覚せい剤の生産が盛んでしたが、各国がコロナ対策で手が取られている間に密輸グループが跋扈。
 インターネットでの若者相手の違法薬物売買が増えているとのこと。
 宅配便で取り扱われていて、取り締まりも強化されていますが、取り締まりは簡単ではないです。
 インターネットによる中高生の売買も増えていてなかなか大変。

2020年7月 5日 (日)

「はつ恋連合艦隊」(本吉隆、まもウィリアムズ)

 明治の日本海軍創建から昭和20年の日本海軍終焉までが描かれた本です。。
 表紙イラストや漫画部分は萌え系なので中身も柔らかいのかと一見思ってしまいますが、結構本格的に歴史を綴っています。
 日清戦争、そして日露戦争の日本海海戦で世界デビューした日本海軍。
 昭和時代になり日米戦に突入します。
 真珠湾攻撃、スラバヤ沖海戦、珊瑚海海戦と勝ち続けた後、ミッドウェー海戦で大敗します。
 その後ソロモン海戦、マリアナ沖海戦で負け続け、レイテ沖海戦で戦力の大半を喪失します。
 そして沖縄決戦に向け、戦艦大和が坊ノ岬沖で撃沈、敗戦により日本海軍はその歴史を閉じます。
 彼我の戦史のことがきちんと書かれているなかなか良い本だと思います。
 表紙で損していると思わなくもないですけどね。

2020年7月 4日 (土)

ベテルギウスの減光は表面に生じた巨大な黒点が原因だった?

◆ベテルギウスの減光は表面に生じた巨大な黒点が原因だった?
https://sorae.info/?p=62066

 そんなでっかい黒点できるのか?

*****
◆NHKラジオ(0704)
〔アジアリポート〕
○タイ・バンコク 岩本由樹
 タイでは幸せを分かち合う棚が出現。
 助け合いの精神ですね。
 お酒の販売禁止令が出ました。
 投票日の前にお酒を飲まない様にするためだとか。
 真面目な国、タイ。

○インドネシア・西ジャワ州チカラン 奥 信行
 インドネシアでは新型コロナウイルスによる規制が6月から緩和。
 しかし、感染者数はまだ微妙に増えている状況です。
 学校の登校開始も来年になるのではないかと言われています。
 ラマダン明けのレバランから2か月後のレバランハジでは、メッカに巡礼するのですが今年はできず。
 その他イスラムの正月の話題など。

«ここ数年で若者の睡眠時間が一割ほど増えたらしい

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.