2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 「タイタンの妖女」 | トップページ | 「古代史 9つの謎を掘り起こす」 »

2006年6月25日 (日)

惑星探査に対する松井先生の苦言、その他

 松井先生が苦言

 先日のブログの記事(エントリーと言うらしいですな)で、マスコミは勉強不足だと言っていたのですが、ひょっとしたらマスコミは勉強して状況をわかった上で、それでなお否定的な論調にするという方針にしているのではないだろうか。

 そう思わせるのが今月号の雑誌「WEGDE」5~6頁の松井孝典先生の記事。
 後半で惑星探査についての苦言がある。
 「のぞみ」は失敗、「はやぶさ」も地球に帰還しなければ失敗、とかなり厳しい指摘である。


 日本の場合、そもそも惑星探査計画といっても、実はそれぞれ全てが、工学試験衛星という位置づけになっているため、失敗して当たり前という建前なのである。


 更に続く、


 惑星探査に責任を負うべきはずのその分野の研究機関も、その専門家育成の安易な教育を続けるばかりで、世界的に通用する研究者がほとんど育っていない。研究者としてはまだひよこのような未熟な惑星科学者が、1回につき何百億円もかかる惑星探査計画に漠然と関わり、次から次へと提案され実現していく探査計画を、責任感を感じることなく、無邪気に楽しんでいる。

 松井先生の立ち位置は不明だが、今の日本の惑星探査のあり方にものすごく不満を持っていることがわかる。 もちろん、小生は惑星探査プロジェクトチームの内情も、松井先生の本当の思惑も全くわからないのであるが、少なくとも雑誌で意見を公にするということは何らかの意図があるともいえる。

 もうここら辺までくると政治力の世界になってくるのでついていけないが、惑星探査ファンとしても「これは工学試験衛星だから。マスコミは何もわかってないなあ」という態度はもう通用しなくなってきていると思われる。

 

 美食時代の落とし穴

 これはある会報に載っていた、共立女子大名誉教授の泉谷先生のお話。

 なんと昔は妊娠率や母乳分泌率はほぼ100%だったという。今は母乳分泌率は50%以下で、出なくても心配しなくて良いですよと言われているが、この数字にはびっくり。

 泉谷先生の調べた範囲ということで、個人的な感想と断っているが、食生活が豊かになった反面、不妊と母乳の出が悪くなるという事態が起こっているという。

 少子化の一端は不妊にもあるのじゃなかろうかと、ちょっと思う今日この頃。

« 「タイタンの妖女」 | トップページ | 「古代史 9つの謎を掘り起こす」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/10673924

この記事へのトラックバック一覧です: 惑星探査に対する松井先生の苦言、その他:

« 「タイタンの妖女」 | トップページ | 「古代史 9つの謎を掘り起こす」 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.