2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 「大礒正美のよむ地球きる世界 日本はどうなる編」 | トップページ | 「転回期の科学を読む辞典」 »

2006年8月11日 (金)

「祖国とは国語」

(藤原正彦著、新潮文庫)

 筆者もあとがきで書いているが、「祖国とは国語」との文言はフランスのシオランの言葉で、山本夏彦氏が引用したものを再引用したとのこと。
 人類たるもの、自分の先祖が長い間育んで来た言語の歴史を無視できるものではないし、無視するのは何よりも損である。
 昨今の本朝における状況に対する、筆者の憤りと叫びが表されている。
 その他いろいろなエッセイがこめられていて、面白い。

 解説で斉藤孝氏が

 「ああ、この人に文部科学大臣になってもらいたい」

 と書いたのも、むべなるかな。

 いろいろなことが見えてくる本です。

« 「大礒正美のよむ地球きる世界 日本はどうなる編」 | トップページ | 「転回期の科学を読む辞典」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/11383209

この記事へのトラックバック一覧です: 「祖国とは国語」:

« 「大礒正美のよむ地球きる世界 日本はどうなる編」 | トップページ | 「転回期の科学を読む辞典」 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.