2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« [RS]エクインシェル | トップページ | [RS]廃坑秘密 »

2006年8月22日 (火)

「本気で言いたいことがある」

(さだまさし著、新潮新書)

 さだまさし氏が様々なことを語ります。
 今の日本の社会に対する不満、そして日本への限りなき愛情が注がれています。
 さださんらしい、優しくそれでいて力強い文章です。

 この本で一番印象に残った文章

 僕は「炭鉱のカナリア」でありたいと思っているんです。
 (中略)
 それに、考え方を帰るなら、そういう唄を、僕が自由に、思うように歌えている間は、何のかんの言ってもこの国はまだ健全だし、大丈夫と言うことでしょう。
 ただ、何らかの理由で - それが見かけ上、どんなに小さなことでも - 僕が自由に歌えなくなることがあったら、つまりカナリアが黙ることがあれば、それは危険の合図だと思って下さい。


 さださんが、ずっと考えていたことが語られています。

 この本を読んで、ますますさだまさしという人に、興味を覚えました

« [RS]エクインシェル | トップページ | [RS]廃坑秘密 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/11562073

この記事へのトラックバック一覧です: 「本気で言いたいことがある」:

« [RS]エクインシェル | トップページ | [RS]廃坑秘密 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.