2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月28日 (水)

陰謀論上等

 某公共交通機関発行の雑誌の記事に、911~イラク戦争に至るワシントンの情報取り扱いに関する考察が出ていた。なかなか妥当な意見と思われるので少し参考にさせてもらう。

○911は事前に把握していた?
 昨今の陰謀論の根拠となっているものだが、結局ノイズの海に溺れてしまったのではないか、と。ワシントンは知っていた、は後知恵。

○イラクの大量破壊兵器?
 フセイン大統領は意欲はあったし、実際に指令していただろうが、現実はお粗末。開発部局のご機嫌取り報告をバクダッドや情報エージェント、ワシントンがそのまま信じた結果ああなった、と。嘘を見抜いて利用した、は後知恵。

 さらにこの情報エージェントがテヘランの分子だったとの落ちまであるが、全部のシナリオをテヘランが描いていたわけでもなかろう。現在の状況はイランに非常に有利ではある、が。

 陰謀論はとても人気がある、その補助線を用いれば全てがわかった気分になれる。
 陰謀論の弱点としては、それを使わないでも一応の説明ができてしまうところである。

 個人的な見解を述べると、陰謀論は合っているともいえるし、間違っているともいえる。陰謀ありえない論も一部はあっているし、一部は間違っている、と考えられる。

 というのは、おのおのの組織や団体は相手を出し抜こうとして戦略を練って実行するものである。別段利他主義の為に活動しているわけではない。そうなれば、やられた方からすれば陰謀であるし、やった方からすれば立派な戦術である。

 そして現在一番良い結果を享受しているところが陰謀の親玉とみなされるのである。
 但し、これは数多のライバル達と切磋琢磨した結果であり、たまたま表面に現れたものである。

 そういった流れを受けて話を進めると、日本が無策だとかやられっぱなしだとかいわれる状況が気になってくる。確かにちょっととっぽいところはあるが、しかし決して無策と言うわけではないと思う。どちらかというと身の丈に合った正攻法でがんばっているように思う。まあ、もう少し活発になっても良いのではないかと思う時があるのだが。
 補足すれば、日本が全ての手段、by all means方式を採っても、結局使いこなせないのではないかと思うからである。使いこなせないものを使おうとするのは、その時点では労力の無駄である(修練すれば使えるかもしれない)。
 とにかく、引っ掛け方式はこの国には似合わない。
 まあ、だからサファリパーク世界では餌食になりやすいのだが。

 しかし、何か情けないのではないか。
 そう思った人には、次回、その状況打破の可能性について論じてみたい。

2007年3月27日 (火)

武装神姫

 某ゲーム雑誌で紹介されていたコナミのオンラインゲーム「武装神姫(BATTLE RONDO)」。
 なんかまんま「エンジェリックレイヤー」のような気が・・・

2007年3月24日 (土)

団体構成員増殖心得

 雨の日はなんとなく憂鬱ですね・・・

 夜想館(NAA)に”団体構成員増殖心得”をアップしました。

2007年3月21日 (水)

はやぶさよ・・・

 このようなニュースが飛び込んできた
 「はやぶさ、消滅の運命? 地球の大気圏に再突入の公算大」(asahi.com)

 一部では”そうなってしまうのではないか”との情報が流れていたが、大手媒体から発信されるのは初めてでは、とのこと。
 満身創痍でがんばっている探査機には、過去にこんなフラッシュが作成されて耳目を集めた(こちら)。

 これでサンプルが回収できたら神だな。
 とにかく2010年6月頃の帰還を待っている。

 がんばれ、はやぶさ。

2007年3月17日 (土)

[RS]Lv151

 三月になると急に寒くなる、この気候の天邪鬼さに小生感心しております。
 がんばれ天気予報。

 さて、今まで蠅殺し+攻速手の組み合わせで9フレでやってきたのですが、アリアンでこんなものが1Mで売られていました・・・

16

 
 
 
 

 叩き売り状態だったのでしょうか・・・
 これで計算上ぎりぎり8フレが実現できました。
 体感的には若干早いかな?という程度。
 まあ、9フレと8フレの差はさすがにわかりづらい。

*****

 ところで、ポな人と滝で遊んでいたんですよ。
 そしたらヘイをかけてもらっているので、7フレで狩ることができるんですね。
 計算したら、もう少しで6フレができるね~と言っていたら、なんと攻速首を貸してくれたのです。使ってないと言いながら持っていたのは何故?
 そんで、攻速首をつけて攻撃してみたら、速い速い(笑)
 6フレを二人して大笑いしながら楽しみました。

*****

 しばらく借していただけるそうなので、次はノーマル状態で7フレに挑戦です。
 具体的に言うと手が30%あれば達成できます。
 泰な人が貸してくれるというので、ちょっと試してみようかと思います。
 ヘイなし7フレ。
 どんな風になるでしょうか。

2007年3月11日 (日)

「個人的な愛国心」(日垣隆)

 日垣氏の連載コラムを本にしたもの。こういった論調が主流にならないのは幸か不幸か。個人的には非常に面白いと思うんですけどね。
 日垣氏の態度を見て思うのは、やはり受身より攻めの姿勢が大切なのかなというところ。攻撃は最大の防御なり。大部分の日本人(あるいは世界を見てもかなりな人数になると思うが)は受身的な思考法をするので、そこは殻を打ち破る必要性があるのかな。書評とは関係ないけど、ちょっと思ったことでした。

2007年3月 9日 (金)

備忘録として

 久しぶりに平日のお休みですので、こんな時間に書き込んで見ます。

 田中宇氏のサイトで「中東大戦争は回避されるか」(3/8)の記事。
 なるほど、結局KPに対してもIRに対しても強面で行って最後は相手を強化して終わりですか。ILもJPもたまったもんではないですな。まあ、これくらいの試練がないとこの国は覚醒しないと思うので、ある意味いいかな・・・

*****

 カワセミ氏のブログで「歴史認識問題の難しさ」(3/7)の記事。
 書こうか書くまいか少し躊躇したのだが、備忘録として書いておく。

 客観的事実として、軍が持っていたのは、慰安所を設立して現地住民への暴虐を防ぎ以って現地への慰撫とするという基本思想ではなかろうか。そこに連れて来られるのが公娼か、親族等に騙されて(あるいは説得させられて)売られてきた半島や列島(すなわち旧帝国領内)住民の貧困層の子女かまでは官憲の把握するところではないだろう。身も蓋も無いがそれ以上でも以下でもないだろう。
 それを言い出すと大陸や半島の人々は騒ぎ出すが、満洲や半島から日本人が引き上げる時、ロシア兵、中国人、朝鮮人が日本人子女に暴虐を働いた話は封印してほしいらしい。まあ、どこの国の人でも自分の関わる範囲が非難されるのは腹立たしいものであるのではあるが。
 南京事件(中国人は南京大屠殺というらしいが、日本人は中国人と違って人肉は食わないと思うが・・・どうです、中国の人?)に対する通州事件(こっちは中国の官憲と調子に乗った中国人が日本人を虐殺全滅させた事件)とか、あっちこっちで不具合が生じる。もちろん、双方が自分に有利になるような弁論を展開するわけだが。
 まあ、日本人が無知なせいもあるが、全体的に見て不毛な議論が多いような・・・

 結論として、歴史認識(日本人~ちなみに当時は半島の人も日本人だ~が外国に対してやったことだけでなく、外国人が日本人に対してやったこと)を全体的に把握してないといけない。それをやらないと平衡にならないし、議論の展開の仕様も無い。
 もう大人の大部分は無理だと思うが、子供達にはしっかり把握してもらって、世界での立ち回りを覚えて欲しいものだ。すなわち、今の日本の大人をある意味反面教師として捉えて欲しい。

 そういうことなので、一旦ここで筆を置きます。

2007年3月 6日 (火)

「人は話し方で9割変わる」(福田健)

 話し上手は生き方上手って感じですな。要は気配りと攻めの姿勢。本当の頭の良さが問われるということか。言われてみれば当たり前かもしれないが、そこが肝だったというところもある。先日の文章の本とお勧め度は双璧。

2007年3月 1日 (木)

「発信力 頭のいい人のサバイバル術」(樋口裕一)

 発信力と受信力の双方が必要ですね、という本ではあるのだが、内容は良い哲学に満ちている。読むだけでも思想書としての価値がある。良い人生を送るには何が必要かを少しでも感じさせてくれる本であることは間違いない。お勧め度は高いです。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.