2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 「銀河帝国の弘法も筆の誤り」(田中啓文) | トップページ | 「天孫降臨の謎」(関裕二) »

2007年7月 7日 (土)

天下り雑感について

 松浦晋也氏のブログで、「天下りと人間の尊厳を考える」という記事が。
 天下りする方も、周囲に邪魔者扱いされながら、お給料のために我慢しなければならないという邪悪さ、という視点は新鮮です。
 天下りされる方にとっては、天下り者は邪魔者以外の何者でもないというのは、皆様ご理解の通り。
 優秀な官僚が、座席と歳費の削減のために、ぽいっと、民間に払い下げられるシステムは、確かに邪悪な奴隷制度。
 松浦さんも書いているように、それを拒否すれば、子供の学費とか家のローンとか一番金のかかる時期に路頭に迷わされるわけですから、犯罪か、外国のスパイかということで糊口を凌ぐしかない、と。
 戦後ずっと、この邪悪なシステムが、誰にも歓迎されず運用されていたんですね。
 成功例もあるでしょう。
 でも、それは「掃き溜めの鶴」であって、邪悪なシステム自体が有効である証明ではない。最悪な政治制度の中でも特筆に値する優秀な人はいましたし。不幸な最後になるというのが定番でしたけど。

 以上、松浦さんの記事を見た感想でした。
 

« 「銀河帝国の弘法も筆の誤り」(田中啓文) | トップページ | 「天孫降臨の謎」(関裕二) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/15677632

この記事へのトラックバック一覧です: 天下り雑感について:

« 「銀河帝国の弘法も筆の誤り」(田中啓文) | トップページ | 「天孫降臨の謎」(関裕二) »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.