2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年8月18日 (月)

「天体の回転について」(小林泰三)

 SFというか不思議世界というか。
 奇妙な話がてんこ盛りの短編集です。
 でもSFって本来こういうものなのかな、という思いも。
 なんとなく星新一を思い出したり。

「空の中」(有川浩)

 大人のジュブナイル。
 日本上空を舞台に描かれる壮大な物語が2つの事故によって幕を開く。
 事故で親しい人を失った3人。
 それぞれの歩む道により世界は思わぬ方向へ回転し出す。

 そして落ち着いてはいるが、哀しく静かに、しかし未来への希望を遺す結末。

 文庫本になるまでずっと待っていた。
 そしてそのことに満足した一冊。

2008年8月 6日 (水)

「日本沈没 第二部」(小松左京+谷甲州)

 うん、すごい。
 谷甲州に第二部を書かせたのは正解といえる。
 というか、これは谷甲州しか書けなかったかもね。
 文庫本化してから買うというのはファンとしてどうかとも思うが、場所も取るしね。
 ほんと、書いていただいてありがとうございました。
 そんな感じです。
 思いっきり谷甲州テイストですが。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.