2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« (特番)韓国経済が危ない? | トップページ | ノーベル化学賞について »

2008年10月 8日 (水)

ノーベル物理学賞について

 今年のノーベル物理学賞は、南部、小林、益川の3氏の受賞となりました。
 おめでとうございます。
 日本の人にとっても久々に明るい話だと思います。

 さて、説明は難しいですし、産経系列のネットに載せられた竹内薫氏の投稿が秀逸と思われますので、以下に全文複写いたします。

日本人3人同時受賞、世界も驚き 竹内薫さん(サイエンスライター)寄稿

10月8日11時17分配信 産経新聞

 今年度のノーベル物理学賞が日本人3人に授与された。快挙である。南部陽一郎・米シカゴ大名誉教授(87)は、物理学の世界では意表を突くアイデアを連発することで知られ、原子核内で起きている現象や、素粒子は「ひも」の振動状態だという数学的な仮説まで、驚くほど幅広い研究業績を誇る。高エネルギー加速器研究機構の小林誠名誉教授(64)と益川敏英・京都大名誉教授=京都産業大教授(68)は、原子核のような物質をつくっている素粒子クォークが(1972年当時みつかっていた3種類ではなく)6種類必要なことを理論的に予言し、2002年には、その理論が正しいことが実験的に証明されている。

 ノーベル物理学賞は1年に3人までしか受賞できない。これまで、日本人がノーベル賞を受賞するときは、欧米から2人、残りの1枠を日本人という受賞形態が多かった。ありていにいえば、欧米偏重の選考がなされているのではないか、といううわさが絶えなかったのだ。その意味では、3人とも日本人という今回の受賞は、世界の物理界から、かなりの驚きをもって迎えられた。今回の3人の業績に共通するキーワードは「対称性の破れ」だが、南部氏の業績と、小林、益川両氏の業績は、ひとくくりにするには開きがあり、多少の違和感を覚える。

 3氏の業績を簡潔にまとめてみたいのだが、それには「対称性の破れ」という考えを理解する必要がある。抽象的な概念なので、比ゆ的に説明しよう。たとえば人間の顔は鼻の真ん中で左右が(ほぼ)対称になっている。でも、顔の右側に黒子があれば、「顔の左右の対称性は破れている」ということになる。南部氏は、宇宙の対称性が「おのずと」破れることにより、さまざまな物理現象が説明できる、というアイデアを世界で初めて提案した。小林氏と益川氏は、宇宙に存在する物質と反物質(物質とほとんど同じだが、電気的な性格だけ異なるもの)の対称性の破れが、数学的にクォークの種類と結びついていることを理論的に解明した。

 もっと大局的な説明も可能だ。われわれの宇宙は137億年前に生まれて以来、数え切れないほどの「対称性の破れ」を経て、現在のように複雑な構造をもつようになった。その意味で、3氏の研究は、「この宇宙がどうやって進化してきたのか」という謎を解く鍵だといえよう。

 多少、うがった見方になるが、今回の受賞の背景は、おそらく、来年か再来年に欧州原子核研究機構(通称「セルン」)の大型実験装置で発見されると予想されるヒッグス粒子と深く関係している。ヒッグス粒子は、自発的対称性の破れにより、物質に「質量」を与える。1961年の南部氏のアイデアを用いて、具体的な予言をしたのは英国のピーター・ヒッグス氏である。この粒子が発見されれば、新粒子を理論的に予言した、という意味で、ヒッグス氏のノーベル賞受賞は堅い。また、実際にヒッグス粒子を発見した実験チームも受賞するだろう。となると、自発的対称性の破れを世界で初めて提唱した南部氏や、3つのクォークという新粒子を予言した小林氏、益川氏が受賞していない状態は、きわめてまずい。それが、全くノーベル賞を予期していなかったという南部氏や、遅すぎる受賞となった小林氏、益川氏の3人の同時受賞につながったのかもしれない。

 いや、本当は、そんなことはどうでもいい。まずは素直に3氏の受賞を喜ぶべきだろう。人気低迷で高校での履修率が3割を切った物理学という学問が、再び日本で人気を取り戻し、この国の科学技術を支えてくれるよう、今回の受賞に心から拍手を送りたい。

 テレビ出演の際、益川氏が、「ノーベル賞で浮かれている場合ではない。日本の科学教育や科学政策は危機的状況に瀕(ひん)している。もっと長期的な展望をもって科学技術を育てていかないと日本の将来は危うい」という趣旨の発言をされていたが、全く同感である。30年後のノーベル賞は、今の科学教育にかかっている。総理大臣が受賞者に電話をし、「若者にメッセージを」と要求するのは結構だが、1日だけのお祭りに終わらせず、「30年後、全くノーベル賞が取れなくなってしまったらどうなる?」という危機意識をもって、政府は科学を支援してほしいものである。

(サイエンスライター 竹内薫)

« (特番)韓国経済が危ない? | トップページ | ノーベル化学賞について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/42723126

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル物理学賞について:

« (特番)韓国経済が危ない? | トップページ | ノーベル化学賞について »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.