2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« ノーベル物理学賞について | トップページ | 「アルスラーン戦記(13) 蛇王再臨」(田中芳樹) »

2008年10月 9日 (木)

ノーベル化学賞について

 ノーベル化学賞に、下村脩氏が選ばれました。

産経系のネットニュース

 物理に続き、化学でも日本人の受賞とは結構なことで。
 これに触発されて科学を学ぶ人が増えることを願ってやみません。

« ノーベル物理学賞について | トップページ | 「アルスラーン戦記(13) 蛇王再臨」(田中芳樹) »

コメント

 GFPは身近に感じていたというか、いつも使っていた物質だけに、とてもうれしいです。光るマウスは興味ありませんが、タグとしてGFPをつけた遺伝子を細胞に入れて、顕微鏡で覗いて写真を撮るときは、いつもドキドキしてました。緑色に光っているのをみると、とりあえず安心したりして・・・。

>みゅーみゅーさん
コメントありがとうございます。
今や必須道具となった蛍光蛋白、小林氏のコメントにもありましたが、生理学賞の方じゃないかな~と思ったり思わなかったり。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/42738417

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル化学賞について:

« ノーベル物理学賞について | トップページ | 「アルスラーン戦記(13) 蛇王再臨」(田中芳樹) »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.