2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 02月16日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 電網記事散歩 »

2009年2月18日 (水)

「心がスーッとなるブッダの言葉」(アルボムッレ・スマナサーラ)

 日本は仏教国の一つと言っていいと思いますが、日本での仏教は大乗仏教。
 大乗仏教は開祖があり、親鸞、最澄、法然、空海など有名どころが御座います。
 そういう意味では一神教っぽい仏教と言う感じです。

 著者が属するのは上座仏教、テーラワーダ仏教で、こちらは本来のお釈迦様、仏陀の教えを忠実に伝えるものです。
 仏陀の言葉は実に奥が深い。

 仏陀と仏教徒の関係は師匠と弟子の関係であって、決して教祖と信者の関係ではない。
 そういう意味では仏教は厳密には宗教とは言えない。

 仏教の真髄は、今の日本の葬式仏教とか、小難しい経典とかではない。
 なんというか、脳科学であると思うのです。

 仏陀は釈迦族の王子として生まれているので、当時の最高学問を学び、初期の修行の際、ヒンズー、ジャイナ他さまざまな宗教家との対話とかをしているので、当時最高の知識を保持していたものと思われます。
 そして、修行で人間の本質、精神の働きを究め、その天才によって、現代の脳科学に匹敵する事項を、体系的な実験ではなく、直感で達したのではないか。

 だから、言い方を変えれば、仏陀が発見した公理は、2500年の時を経て、現代科学がやっと追試に成功している段階ではないかと、小生は思うのです。

 是非読んでいただきたい一冊です。

« 02月16日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 電網記事散歩 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/44099359

この記事へのトラックバック一覧です: 「心がスーッとなるブッダの言葉」(アルボムッレ・スマナサーラ):

« 02月16日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 電網記事散歩 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.