2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 03月18日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | WBCって・・・ »

2009年3月20日 (金)

母には二度会えて、父には一度も会えないもの、なあに?

 この古いなぞなぞの答えは「唇」なのですが、実は説が2つあります。
 一つは「母」をfafaと発音していた説。
 もう一つはbabaと発音していた説です。
 (*1*2
 小生はfafa説しか聞いたことがなかったのですが、baba説もあるんですね。

 上記のリンクをみると江戸時代は「はは」はfafaだった可能性が高いようですが、古代ではbabaでなかったのか?
 「母」がbabaである証拠は随所に見られます。
 「おば=叔母、伯母、小母」「うば=乳母」「やまんば(=山姥)=山の母?(=女性配偶者を山の神ともいうことから)」
 でも現在ではbabaは「お婆さん」の意味で使われていますよね。

 すると対の男性呼称も類似の遷移をしたのでは? という疑問が浮かび上がります。
 「父」=didiだったのでは?
 「おじ=叔父、伯父、小父」「おやじ=親父」
 こちらも現在ではdidiは「お爺さん」の意味で使われています。

 漢語では「媽(お母さん)」はmaです。
 maの口で濁らせてみてください。baになりますよね?

 さらに妄想。
 ma行は濁らせるとba行になる。破裂させるとpaになる。
 じゃあ、肝心のha行は?
 ha→(破裂)→ka→(濁る)→gaとなるのではないか?
 「海」=(k)hai、上海(シャンハイ)、海南島(ハイナントウ)

 あ、また妄想。
 mama→babaのほかにmama→papaもあるか。
 そうすると、江戸時代のfafaもpapa→fafa説も納得。
 どこかの時点で、母が「パパ」と言われていたこともあったかも!
 ここまで行くと性的転換か(苦笑)

 まあ、そんな妄想をする今日この頃です。 

« 03月18日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | WBCって・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/44405043

この記事へのトラックバック一覧です: 母には二度会えて、父には一度も会えないもの、なあに?:

« 03月18日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | WBCって・・・ »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.