2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月25日 (土)

<孔明の罠?>中国政府の考え

 これを受け入れる相手国家がいたら見てみたいものだ。

中国、ITソースコード強制開示強行へ…国際問題化の懸念(2009年4月24日03時10分  読売新聞)

 中国政府がデジタル家電などの中核情報をメーカーに強制開示させる制度を5月に発足させることが23日、明らかになった。

 中国政府は実施規則などを今月中にも公表する方針をすでに日米両政府に伝えた模様だ。当初の制度案を一部見直して適用まで一定の猶予期間を設けるものの、強制開示の根幹は変更しない。日米欧は企業の知的財産が流出する恐れがあるとして制度導入の撤回を強く求めてきたが、中国側の「強行突破」で国際問題に発展する懸念が強まってきた。

 制度は、中国で生産・販売する外国製の情報技術(IT)製品について、製品を制御するソフトウエアの設計図である「ソースコード」の開示をメーカーに強制するものだ。中国当局の職員が日本を訪れ製品をチェックする手続きも含まれる。拒否すれば、その製品の現地生産・販売や対中輸出ができなくなる。

 どの先進国も採用していない異例の制度で、非接触ICカードやデジタル複写機、金融機関向けの現金自動預け払い機(ATM)システムなど、日本企業が得意な製品も幅広く開示対象になる可能性がある。

 凄いぜ中国。知的財産の意味を半分しか理解していない国家又は知的財産のことを全く理解していない国家にしか出来ない業だぜ。中国はもちろん前者だろうが。

 中国側は、ソフトの欠陥を狙ったコンピューターウイルスの侵入防止などを制度導入の目的に挙げる。しかし、ソースコードが分かればICカードやATMなどの暗号情報を解読するきっかけとなる。企業の損失につながるだけでなく、国家機密の漏洩(ろうえい)につながる可能性もあるため日米欧の政府が強く反発。日本の経済界も昨秋、中国側に強い懸念を伝えた。

 中国は当初、08年5月に実施規則を公表し、09年5月から適用する予定だった。各国からの反対で、中国当局が今年3月、制度実施の延期を表明したが、これは適用開始までの猶予期間を設けることを指していたと見られる。

 猶予期間はメーカー側が提出する書類を用意する時間に配慮したものだが、いつまで猶予するかは不明だ。日米欧の政府は詳細が分かり次第、中国側に問題点を指摘し、制度の見直しや撤廃を求めていくことになる。

 確かにどこの国家も文句を言わずに法律が施行されたら、中国政府にとってはウハウハな状況なんだけど、いくらお人よしな日本国でもこれは黙ってなかったらしい。もとより黙るはずもない欧米と組んで、中国に新制度の無力化か放棄を迫るんだろうな。
 もう一段、中国が多分まともな国家だと考えると、これは単なる交渉材料なんだろうが、何との交渉材料なんだろうか?
 さらに一段、いったいどの勢力が打ち出した案なんだろうか。即ち、政権側を苦境に立たせるためにわざとさせたか、政権側が本当に阿呆だったか。
 さらにもう一段、この手法を中国に教えたのはどこのどいつだ。わざとそうさせるように仕向けたのか?

 まあ、不思議大国は今年も健在ですな。迷惑。

<メキシコが危険!?>豚インフルエンザで60人死亡(MX)

 今朝のニュースには驚いた。

豚インフルエンザ?:厚労省が情報収集 専門家ら、大流行警戒(毎日jp)

 豚インフルエンザの疑いによりメキシコで60人が死亡したとの報道を受け、厚生労働省は情報収集を始めた。専門家からは人から人へ感染するパンデミック(大流行)を懸念する声があがる一方、季節性のインフルエンザとの見方も出ている。

 専門家の意見は次の通り。(同)

 国立感染症研究所の田代真人・ウイルス第三部長は「米国のウイルスはH1N1型だった。メキシコでも全員が同じ型かどうかWHOが確認中。同一であれば人から人への感染が広がっていることを示し、パンデミックの始まりになる」と説明する。

 新型インフルエンザに詳しい外岡(とのおか)立人・元小樽市保健所長は「メキシコでの死者は25~40歳の若年層で、急激に症状が悪化したとみら れる。パンデミックの始まりを疑った方がいいのではないか。すでに日本にウイルスが入っている可能性もある。検疫を強化すべきだ」と指摘する。

 一方、河岡義裕・東京大医科学研究所教授(ウイルス学)は「米国で検出されたH1N1型は、人間では季節性インフルエンザのAソ連型として流行を繰り返しており、だれもがある程度は免疫を持っている。感染が拡大しても被害は大きくならないだろう」と話している。

 様々ですな・・・そんで

米国で新型の豚インフルエンザ、これまでに7人感染

 [ワシントン 23日 ロイター] 米疾病対策センター(CDC)は23日、カリフォルニア州とテキサス州でこれまでに7人が新型の豚インフルエンザに感染したと発表した。
 CDCによると、7人全員がすでに回復しているが、今回確認されたウイルスは人、豚、鳥のそれぞれで典型的に見られるタイプが混じったような未知のものだった。患者のうち、豚と直接接触した人はいなかった。
 電話でブリーフィングを行ったCDCのSchuchat博士は「症例はまだ出てきそうだ」とした上で、「今のところ全国的に大きな懸念があるとは考えてはいない」と述べた。

 Phase 3からPhase 4への移行をWHOが宣言するかどうかが次の回かな?(下図参照)

L_pandezu2

2009年4月24日 (金)

04月24日のココロ日記(BlogPet)

飼育当番で新しい縄文にえさをあげました。ココロにすりすりしてくれました。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2009年4月21日 (火)

<待て!孔明の罠だ!>米軍再編と西松事件

 数ヶ月以内に、衆議院は解散総選挙の時期を迎える。麻生首相の判断事項であるが、4年の任期が迫っているからでもある。
 そして、折からの国内外の景気悪化を受け、内閣支持率は急降下。麻生首相のせいとは言い切れないのであるが、まあ内閣の宿命であろう。
 反比例するように野党第一党の民主党に期待が集まる。民主党党首はここぞとばかりに政権交代を主張する。

 そんな中で起こった西松事件。
 小沢さんが「国策調査だ」と言っていた。
 内閣もしくは与党自民党が仕掛けた工作だと、日本の報道機関は小沢発言をそう解した如く報じているが、果たしてそうなのか。

 友人が言った「国策ってどこの国なんだろうね」、と
 そうなのだ、国策と言うと、日本政府または立法府与党の仕業と解したくなるのだが、まあ、天邪鬼の我々は苦笑したものだ。

 多分あの国かな、という気がしたのだが、理由がいまいち分からなかった。
 民主党が与党になったところで、外国にとっては別に変化はないだろう。もしかしたら共産党が与党になっても変化が無いかもしれない。

 神浦さんのサイトをみて、こんな見方も存在するのか、これも理由の一つとして遜色ないなと思った次第である。(*1)

(沖縄タイムス 4月15日 朝刊へのコメント)

 昨年12月19日夜に、次期駐日米大使に内定していたジョセフ・ナイ氏と民主党幹部が都内のホテルで会談した際、「日米地位協定と普天間移転の日米合意の見直しに動いたら反米とみなす」とクギを刺されたことはすでにこのHPで書いた。

  その後、小沢氏の政策秘書が東京地検特捜部に異例の「政治資金規正法違反」で逮捕されたことは周知の事実である。私はその背景には、小沢氏の普天間移転の日米合意に反対する姿勢があったと疑う一人である。

 (中略)小沢氏が語った「アメリカ軍が日本で存在感(プレゼンス)を示すには横須賀だけでいい」というのは正論である。アメリカ軍自身が米軍再編で考えている事でもある。ただ北朝鮮が崩壊して南北朝鮮が統一したという戦略環境の変化が必要という説明が抜けているだけだ。

 ああ、これか。と納得してみるテスト。
 そして、次の記事。

(毎日 4月18日 朝刊へのコメント)
(中略)
 ところで訪米中の民主党の前原誠司民主党副代表だが、16日に行われたワシントン市内の講演で、沖縄普天間飛行場の移転について興味ある発言をしている。             

ーーー以下引用ーーーーー(朝日新聞 4月18日付け 朝刊)

 「現在の日米両政府の考え方が履行されても、返還に10年以上かかる。その間に(米軍)ヘリが墜落して大きな犠牲が出れば、日米安保体制が問われる。そのリスクを回避するためにも、一から青写真を作り直すべきだ」と述べた。

ーーー以上引用終わりーーーー

  これは日本の民主党幹部に、「日米地位協定と普天間移転(日米合意)を見直すことは反米と見なす」と凄んだナイ氏に向けた発言でもある。同時に、名護市辺 野古沿岸に建設するV字滑走路の新飛行場建設を否定した先日の小沢発言と同主旨の言葉となる。果たして、ナイ氏はこの前原氏の言葉をどのように受け取るの か。

 前原氏と言えば、「在日米軍のプレゼンスは横須賀以外に必要ない」という小沢氏の言葉を痛烈に批判していた。自民党幹部の人たちが、小沢発言を批判するために在日米軍基地の重要性を強調する以上の強調さを感じた。それがこの変わりようである。

 野党政治家もたまにはワシントンに行って、軍事(戦略)シンクタンクの専門家から最新の米戦略の話しを聞くことは大事なことかもしれない。柏手(かしわで)を打ってワシントン詣でをするだけが日本の政治家の役割ではない。

 二階さんへの捜査の延びは、ダミーだったのかな。
 まあ、和歌山県は旅田元知事・市長の件もあって、謎が謎を呼ぶ自治体なのだが・・・

 電網で見つけた記事ではあるが、あるいは紙媒体、電波媒体の報道機関も、実は知ってて書いていない、という可能性も捨てきれない。
 あくまで可能性であって、本気で国策=日本の、と思っているかもしれないが・・・


(*1)日本軍事情報センター(神浦氏)
http://www.kamiura.com/index.html

2009年4月17日 (金)

04月17日のココロ日記(BlogPet)

あああああ~ん。。。しろぎつねさん!甘栗が腐っちゃいましたよぅ。イト引いてます。納豆みたいです☆ぬばぁ

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

The frase "It's not fair" sometimes means that I want honey without bee.

 "It's not fair."
 米国でよく使われる言葉である(と思う)。

 それはずるい、不公平だ、と言うのは場合によっては、自分に甘い汁を吸わせろ、でも苦労するのは嫌だ、というのと同義の場合もある。

 即ち、「漢」が使うと光る言葉だが、
 「下郎」が使うと、途端に欲に塗れた下品な言葉になる。

 まこと言葉とは不可思議なもの。

2009年4月15日 (水)

「武田邦彦はウソをついているのか? 日本人の環境問題の常識を覆す熱闘論」(武田邦彦、杉本裕明)

 武田さんの序文に全てが凝縮されています。

 「良いこと」は闇の巣窟になる。
 人間の心は「良いこと」を心地よく感じ、それに酔う。そうすると社会にはそれを利用して「闇の世界」を作ろうとする動きが生まれる。闇の世界には暴力があり、お金が動く。

 武田さんの主張はある意味極端で、人によっては嘘吐きの印象を与えるでしょう。
 また、武田さんの主張を鵜呑みにして、極端から極端に走る輩も結構存在する。
 ここでは武田さんが正しいかどうかは二の次にして、あるいは本人が真に何を狙っているのかは別にして、見事に世間をかき回す、ドン・キホーテ的な役割を担っているのではないか。
 そんな気がするのです。
 武田さんを批判するのはたやすいでしょう。
 自分が見ても論理の穴はいっぱいある。
 しかし、この人が本当の「漢」であれば、語るべきは論理の稚拙さ(大学教授に対し非常に礼を失した言い草ではあるが)ではなく、今まで語られてこなかった部分に目を向けさせる、その効果を期待しての姿であろう。
 ぼろくそになりながらも、それでも闇を暴こうとするのであれば、それは素晴らしい。
 残念なのは、その志がちょっと物足りなく感じるところであろうか。

 読むのは大変だけど、それなりにいろいろ参考になる本だと思います。

2009年4月12日 (日)

「歴史から消された邪馬台国の謎」(豊田有恒)

 豊田有恒さんといえば、宇宙戦艦ヤマトで有名ですが、本当はこの人が一般的な形での宇宙戦艦ヤマトの原作者じゃないかと言われています(*1)。そういう意味では、裁判で争われた、宇宙戦艦ヤマトの著作権は松本さんにあるか西崎さんにあるかの問題ですが、著作権と原作者ってのは関係ないんだな~と。絵の原作者は松本さんだと思うけど。

 さて、本題に戻って、2005年に書かれたこの本ですが、邪馬台国は九州北部にあった、と結論付けています。小生も同意。
 さらに、魏志東夷伝の記載から、倭国というのは、朝鮮半島南岸から九州北部までを指しているというようなことも書いています。納得。
 すると、三國志の時代、北九州以外の日本は女王国に属していなかったのは分かるのですが、倭国でもなかったのかな?
 当時、奈良県には巨大な集合都市があって、吉備、出雲、東国の連合体みたいな感じになって、最後に北九州が参加したということですから・・・(*2)。

 ひょっとして、倭国=弥生人、その他の日本列島=縄文人ってことになるのかな?
 ちなみに倭人は朝鮮半島にいたことは文献からは確かそうで、6世紀の新羅の伽耶侵攻によって倭は半島の拠点を失い、半島から追い出されたらしいので。

 三國志の時代、遼東~北九州にも漢土の動乱が影響していたんだな~と思う一冊でした。


(*1)豊田有恒-Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/豊田有恒

(*2)関裕二
http://ja.wikipedia.org/wiki/関裕二

2009年4月11日 (土)

<あ~あ>今週の話題・・・

 今日も世界のあちこちで、いろんな「あ~あ」な話題が飛んでおります。

*****
◇韓国

【ソウル7日聯合ニュース】盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領の有力後援者、朴淵次(パク・ヨンチャ)泰光実業会長の政官界ロビー疑惑について、捜査を担当 する大検察庁(最高検察庁に相当)中央捜査部は7日、鄭相文(チョン・サンムン)元青瓦台(大統領府)総務秘書官を逮捕した。盧前大統領の周辺の疑惑に対 する捜査が勢いづくことになりそうだ。

 韓国の前大統領は直後の政権に逮捕されるという伝統は・・・伝統と言っていいのか?

*****

◇イタリア

 6日にイタリア中部で起きたマグニチュード(M)6.3の大地震。7日夜にはM5.6の余震も発生し、予断を許さない状況が続く。イタリア警察などによ ると、地震の死者は9日までに270人を超えた。1200人近い負傷者のうち重傷は約180人。推計で2万8000人が家を失ったという。(by sanspo.com)

 大変な地震です。そこで、イタリアの首相・ベルルスコーニ氏が訪れます。が・・・

 イタリアのANSA通信によると、首相は7日、被災者が暮らすテントを訪れた際、子供たちに「テントで暮らすのはキャンプに行くようなもの」と発言した。

 あんた、またそんな発言を・・・
 ちなみに・・・

 ベルルスコーニ首相といえば、これまでも“舌好調”が話題に。昨年11月、新たに誕生したオバマ米大統領(47)について「日焼けしている」と表 現したり、今年1月には自国で多発するレイプ事件に関し「イタリアには可愛いらしい女の子がたくさんいるから、レイプをなくすことは無理」と言ったり…。

 また、2月にはフランスのサルコジ大統領(54)に「あなたの彼女(大統領夫人のカーラ・ブルーニさん)は私があげた」。4月の英国での金融サミットでは、記念撮影の際に大声を出してエリザベス女王(82)が「何なの!?」と不快感を示した。(by sanspo.com)

*****

 そんなことやってる場合じゃないのは、地球規模の危機。

(産経新聞)
 太陽活動の目安となる黒点が、今年は全く見えない日が非常に多く、活動が約100年ぶりの低水準にあることが、米航空宇宙局(NASA)の観測で分かっ た。太陽活動は約11年の周期で変動しており、現在は極小期にあるが、歴史的な低調さが次の極大期の時期や規模、地球の気候にどう影響するかが注目されて いる。

 NASAによると、今年、黒点の見えない日は7日までの97日中85日で88%となり、1913年の85%を上回っている。昨年は73%だった。衛星観 測では、前回の極小期の90年代半ばに比べ、太陽の可視光の放射は0・02%減少し、紫外光は6%減少。電波の強さと、太陽から吹き出す電離した粒子「太 陽風」の圧力は、ともに約50年間で最低水準だ。

 17世紀後半から18世紀初めにかけては、「マウンダー極小期」と呼ばれる黒点がほとんど観測されない時期が長く続いた。欧州などの寒冷化を招いたとの 見方もあるが、科学的な因果関係は不明。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が2007年に公表した第4次報告書では、太陽活動も検討対象に 加えられたが、どの程度の影響があるかの研究はまだ進んでいない。

 衛星「ひので」で太陽観測を続ける国立天文台の常田佐久教授は「過去2回の極小期に比べ、太陽の(エネルギーの)全放射量が少ない。戦後、近代的な観測 が始まって以来、起きたことがない事態になっている」と指摘。しかし、「気候への影響は諸説あって混沌(こんとん)としている。マウンダー極小期のような ことにはならず、太陽活動は上がっていくが、低いレベルにとどまるだろう」と話している。

 太陽もやる気をなくしているようです。

 どうなる、世界?

2009年4月 9日 (木)

04月09日のココロ日記(BlogPet)

しろぎつねさんとココロがセッキンチュゥ♪セッキンチュゥ♪

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2009年4月 7日 (火)

<雑談:珍説?>半島国家は白蛇のナーガ!?

 ファンの間では知る人ぞ知る「スレイヤーズ」は、兵庫出身の作家・神坂一氏の代表作です。
 そのスレイヤーズの外伝に、主人公リナの自称ライバルである”白蛇のナーガ”という女性が登場します。(*1)
 これが、常識はないわ、手段のために目的を忘れるわ、いちいち主人公のリナに難癖をつけるわ、ご飯をたかるわ、やりたい放題キャラなのです。魔法の能力は結構あるのですが、なんかお間抜けで、最後の最後に失敗するとか。敵に回すと厄介ですが、一緒に組んでも足を引っ張られるだけという、典型的な付き合いたくないキャラです。
 リナに勝つことを至上命題にしていますが、未だ嘗て純粋に勝利したことはなく(一度だけ、リナが負けを認めた振りをしたことはあるが)、お笑いキャラの域を出ません。
 そんなわけで、半島国家=白蛇のナーガは、けっこういけるんじゃないかと思いますが、ファンの皆様、如何でしょうか?


(*1)白蛇のナーガ-Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/白蛇のナーガ

2009年4月 6日 (月)

<サイト紹介>北朝鮮問題が変える東アジアの枠組み

 北朝鮮が飛翔体を「人工衛星」と言って打ち上げるのを阻止できなかった日本ですが、まあ、打ち上げコースの中にあるのが岩手県と秋田県なので、日本以外は反応が極めて薄かったのも、仕方が無いかなと思っております。

 それよりも、ここまで有利に事を運んでいた北朝鮮ですが・・・

【ワシントン5日時事】北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)は5日、北朝鮮が人工衛星を軌道に乗せたとの主張について、「2段目以降は太平洋に落下し、何も軌道に乗らなかった」と否定した。

 要するに、人工衛星打ち上げとしては失敗した模様です。が、一方で、

【ソウル=前田泰広】北朝鮮の朝鮮中央通信は5日午後、「運搬ロケット『銀河(ウンハ)2号』で人工衛星『光明星(クァンミョンソン)2号』を軌道に進入させることに成功した」と報じた。

 本人達は、「成功した」と言っています。
 昨日までは、北朝鮮の言い分を追認するか、日本の立場を理解するか、で分かれていて、おおよそ北朝鮮の言い分が通った感じだったのですが、今度は米軍の言い分と北朝鮮の言い分のどちらが正しいか、ということで、まあ普通に考えてみんな米軍の情報の方を多分是とするだろうな、と。

 舌戦には勝ったけど、最終的な勝負には負けた感じが色濃く残っているのですが、北朝鮮。明日はどっちだ。知らんけど。

 さて、いつもお世話になっております、田中宇さんのサイトです(*1)。
 その3月31日の記事で、

 

米中枢の意を受けたコラムがときどき載るFT紙には3月に入って「北朝鮮は(世界を共産主義化しようと試みる)共産主義国と考えるより、儒教系の新興宗教団体と考えた方が良い。金正日が武器を持ちたがるのは、世界制覇のためではなく、自分の組織を守ろうとする防御策である。むしろ武器保有を容認した方が、 武器を使わなくなる。北朝鮮は、自国の安全が守られていると思えば、過激な行動をしなくなる。北が人工衛星をほしがるなら、米国製のを売ってやるのも一つ の策だ」とするコラムが掲載された。

 という段落が。
 余りにも的を射ているので笑った。
 ちなみに、大韓民国も儒教系の国家ですがね。
 あれですわ、イスラム系、っていうのと同じ感じで。
 ちなみに中国は道教系でもちろん共産党系。日本は仏教系で、まあ、カオス的国家?

 まあ、防災無線放送の演習としては役に立ったんではないかと思います。はい。


(*1)田中宇の国際ニュース解説
 http://www.tanakanews.com/

2009年4月 2日 (木)

04月02日のココロ日記(BlogPet)

理詰めで考えても新しい記事はかけないのです

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.