2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 「歴史から消された邪馬台国の謎」(豊田有恒) | トップページ | The frase "It's not fair" sometimes means that I want honey without bee. »

2009年4月15日 (水)

「武田邦彦はウソをついているのか? 日本人の環境問題の常識を覆す熱闘論」(武田邦彦、杉本裕明)

 武田さんの序文に全てが凝縮されています。

 「良いこと」は闇の巣窟になる。
 人間の心は「良いこと」を心地よく感じ、それに酔う。そうすると社会にはそれを利用して「闇の世界」を作ろうとする動きが生まれる。闇の世界には暴力があり、お金が動く。

 武田さんの主張はある意味極端で、人によっては嘘吐きの印象を与えるでしょう。
 また、武田さんの主張を鵜呑みにして、極端から極端に走る輩も結構存在する。
 ここでは武田さんが正しいかどうかは二の次にして、あるいは本人が真に何を狙っているのかは別にして、見事に世間をかき回す、ドン・キホーテ的な役割を担っているのではないか。
 そんな気がするのです。
 武田さんを批判するのはたやすいでしょう。
 自分が見ても論理の穴はいっぱいある。
 しかし、この人が本当の「漢」であれば、語るべきは論理の稚拙さ(大学教授に対し非常に礼を失した言い草ではあるが)ではなく、今まで語られてこなかった部分に目を向けさせる、その効果を期待しての姿であろう。
 ぼろくそになりながらも、それでも闇を暴こうとするのであれば、それは素晴らしい。
 残念なのは、その志がちょっと物足りなく感じるところであろうか。

 読むのは大変だけど、それなりにいろいろ参考になる本だと思います。

« 「歴史から消された邪馬台国の謎」(豊田有恒) | トップページ | The frase "It's not fair" sometimes means that I want honey without bee. »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/44682473

この記事へのトラックバック一覧です: 「武田邦彦はウソをついているのか? 日本人の環境問題の常識を覆す熱闘論」(武田邦彦、杉本裕明):

« 「歴史から消された邪馬台国の謎」(豊田有恒) | トップページ | The frase "It's not fair" sometimes means that I want honey without bee. »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.