2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 米国の裁判制度の実情って・・・ | トップページ | 06月27日のココロ日記(BlogPet) »

2009年6月23日 (火)

米国の裁判事情の続き

 これも弁護士の人に聞いた話。
 米国の陪審で、日本企業と米国企業の争いになった時、米国側の弁護士は例えばこんなことを言うらしい。
「明日はパールハーバーが奇襲にあった日だ。」
 これに続いていろいろ歴史を披露する訳ですが、結局は日本人ってこんなに卑怯な人々なんですよ、我々米国企業が米国民のために汗して働いているのに、みたいなことにするらしい。
 前に言った様に、米国の陪審では事実よりも正義というか好悪の感情が優先するので、天秤のはりはこのように意図的に傾けられるんですけどね。

 良いか悪いかはともかく、それが米国流。

« 米国の裁判制度の実情って・・・ | トップページ | 06月27日のココロ日記(BlogPet) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/45433440

この記事へのトラックバック一覧です: 米国の裁判事情の続き:

« 米国の裁判制度の実情って・・・ | トップページ | 06月27日のココロ日記(BlogPet) »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.