2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 世界史はそこで終わるわけではない | トップページ | 「赤髪の白雪姫(7)」(あきづき空太) »

2012年3月 4日 (日)

NHKと初音ミクと産総研の後藤さん

◆思いが伝わる声を作れ ~初音ミク 歌声の秘密~
http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=3166

 2012年2月28日放送のクローズアップ現代のテーマは音声合成技術。
 初音ミクが取り上げられるということで放送前後ネットでは大騒ぎになりました。

◆ヒット連発!!あのボーカルソフトの秘密
http://www.nhk.or.jp/zero/contents/dsp334.html

 その1年前の2011年2月5日にはサイエンスZeroでも取り上げられていましたね。

 両方にゲスト出演しているのが産業技術総合研究所の後藤真孝さん。
http://staff.aist.go.jp/m.goto/index-j.html
 野尻抱介さんの「南極点のピアピア動画」にも実名で出てたりします。

 後藤さんがクローズアップ現代の番組終了後につぶやいたまとめがこちら
http://togetter.com/li/265204

 後藤さんの想いがあふれているのはここのところかな~

クローズアップ現代キャスターの国谷裕子さんは、初音ミク文化や歌声合成技術に最初からとても好意的で、深い関心と理解を示して下さいました。例えば、もしスタジオの議論で、国谷さんから「歌声合成技術が発展すると人間の歌手がいらなくなるのでは?」と私が聞かれたら、

私は「人間の歌手はいらなくならない。なぜなら、我々人類は歌うことをやめないから。強制されて歌うわけでなく歌いたいから歌うのだ。また聴き手も、この 人(自分の子供、友達、好きな歌手)が歌うから、と思って聴く。そこに『初音ミク』という選択肢が増えるに過ぎない。」と

答えるつもりで準備していたのですが、収録直前の打ち合わせで国谷さんは最初から「私も歌声合成のせいで人間の歌手がいらなくなるなんて全然思わない。人間の歌手も初音ミクも共に素晴らしいから、共存共栄するに決まっている!」と意気投合して、論点になりませんでした。

*****

 歌は歌いたいから歌うんだ。

 歌は聴きたいから聴くんだ。

 至言です。

« 世界史はそこで終わるわけではない | トップページ | 「赤髪の白雪姫(7)」(あきづき空太) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/54136696

この記事へのトラックバック一覧です: NHKと初音ミクと産総研の後藤さん:

« 世界史はそこで終わるわけではない | トップページ | 「赤髪の白雪姫(7)」(あきづき空太) »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.