2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 【NHKラジオ第1】ワールドネットワークはメキシコから | トップページ | アジアリポートはインドと中国 »

2012年7月20日 (金)

個人的な上海リポート

◆【NHKラジオ第1】ラジオ深夜便 ワールドネットワーク
(7/19-20) アメリカ ロサンゼルス 二見文子

 今回は二見さんの旦那さんの故郷イギリスへの里帰りの様子。
 あとオリンピックの話題。

*****

◆上海レポート(日曜日~火曜日)

 業務出張で中国上海に行ってきました。
 脈絡なくいろいろ書いていきます。
 大前提として、上海の都会部分しか行ってません。
 その分は割り引いて見て下さい。

 なんていうか、上海は空港、建物、道路など全てが国際規格というか日本と同じでした。
 簡体字で書いてあるし右側通行だけど、雰囲気は日本の東京の隣の都市といった感じ。

 初めての海外だったので、入国出国とかいまいち必要な書類とかがわかってなかった。
 出国時に出国カードどこやったっけってかばんの中ごそごそやってたら、管理官の中国兄ちゃんに呆れられたりしたし。

 空港、ホテル、取引先との連絡は全部取引先の社用車でやってもらったので、大して情報はありません。乗ってると左ハンドルを除けば日本の道路を走っているのと変わりません。また、上海の道路を走っている車は全部外車(日米欧)または中国の高級車。安い車は一切走っていませんでした。ただし運転が荒い。例えば大阪は青信号3秒前に動き出すというけど、上海は青信号10秒前には動き出している。危ないじゃないか。

 ホテルは割りといいところでした。口をゆすぐ用のペットボトル水とかありましたが、海外では常識レベルなのかな。そうそう、日本からミネラル水のペットボトルごそっと持って行きました。取引先でもペットボトル水もらったりしたし。風呂とシャワーと顔を洗う時意外は水道水と接触してません。おかげでお腹は壊しませんでした。

 上海タワー(テレビ塔)は目立ちますね、夏休みだったので地方から来た中国人や海外の観光客がいっぱい。東京タワーの状況と思えばよろしい。
 近くの観光地に少し寄ったけど、中国語、日本語、英語、ドイツ語、韓国語が飛び交う。
 その横の商店街。アメ横と同じでした。

 上海の地下鉄は雰囲気が日本とさして差がない。初乗り3元(約50円)は安いね。気になったのが、停車してから扉があくまで10秒くらいかかること。日本だとすぐに扉が開くのでここは違うね。ただ、改札が遊園地のとうせんぼアームみたいなのは変だ。なんでそこだけ自力で回さなきゃいけないんだ。

 食べ物や飲み物は全部ホテルやレストランやケータリングですまして、一切外部で買い食いしてないのでわかりません。用心してたし、そんな暇なかったしね。

 ちょっと気になったのがトイレの位置。日本では男女のトイレが並んで設置されていると、入り口に近い方が男で遠いほうが女のような気がしていたが、上海では逆。トイレに行く時に女子トイレの入り口扉が開いたままになっていて、その奥に男子トイレがあるのでなんか違和感を感じたんだけど、自分が日本人だからか?

 国際ホテルだったのでいっぱいテレビの番組があった。テレビはちょうどその時は世界的異常気象だったので、中国の中央テレビもCNNもBBCもNHKも同じような話しか流してなかった。というか大枠はどこの国も一緒だな。中央テレビは当たり前だが南沙諸島、尖閣諸島の話題を扱ってた。当然南沙の方が時間が長く、尖閣は割と短かった。中国にとって焦眉の急は南沙諸島なんでしょうね。あと反日放送というか、旧日本軍がやられ役の娯楽番組(?)もいろいろやってましたね。こちらは見る気がなくてザッピングしかしてないので詳しいところまではわかりませんが。

 さて、今回なぜか北朝鮮レストランに行ってきました。
 現地の人から提案された時、正直どっちでも良かったのですが、多数決で決まってしまいました。
 全部が同じかどうかわかりませんが、自分が行った北朝鮮レストランの話です。
 セットは1970年代の雰囲気。8時だよ全員集合の音楽セットとか思い出すといいかもしれません。曲も1970年代なのかな、そんな雰囲気でした。現地の人から説明を聞いたのだけど、店員の北朝鮮の女性は全員大学生または大学院生、研修員らしい、整形かどうかは不明。彼女らは選ばれたエリートで、英語と中国語が堪能、外国(中国)への出稼ぎだが、国外へいけるというのは大変なご褒美らしい。寮生活で縛りがあり、勝手に街に遊びに行くことはできないらしい。音楽というか演奏はざっくりいって”けいおん”のレベル。振り付けとかも含めて上手なんだけどアマチュアに毛が生えたレベル。プロのような圧倒的な安定感は微塵もない。まあ、そういうのを求めて行くところじゃないんだろうけどね。

 上海の川沿いの夜景のライトアップは大変きれい。何かと思ったら神戸に似ている。あれを10倍に大きくした感じ。まあ、上海は100年前から欧米化してるから、こういうのがもともと似合うのかもしれない。

 あと取引先から聞いた話だから全部にあてはまるかどうか知らないけど、最近の新社会人は中国の人にとっても新人類らしい。日本のゆとりに相当するかも。お互いに苦笑したのが、ある新人の行動。新人君、入社しばらくして結婚することになって、その時社長に対して何したかというと、結婚式で使うから社長の車を貸してくれと直接社長にメールしたらしい。結婚式に高級車を用意してがんばるつもりだったのだろうが、いくら中国でも新人が社長に個人的に車貸してくれってメールを打つのは変だろう。その後新人君がどうなったかは知らない。ともかく中国でもゆとり世代は大問題らしいですね。

 思いつくままに書いたのですが、とりあえずこんなところでしょうか。

ポチッとよろしく!

« 【NHKラジオ第1】ワールドネットワークはメキシコから | トップページ | アジアリポートはインドと中国 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/55240942

この記事へのトラックバック一覧です: 個人的な上海リポート:

« 【NHKラジオ第1】ワールドネットワークはメキシコから | トップページ | アジアリポートはインドと中国 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.