2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 8月になりました | トップページ | 万引きは、ゆるサンド! »

2013年8月 2日 (金)

麻生報道と新聞テレビの希望と絶望

【さすがゴミくず】 「オスプレイよりも、マスコミが迷惑」 報道ヘリがうるさいと苦情殺到 wwwwwwww
(理性全壊の雑記帳さん経由)

阪神大震災のときマスコミのヘリの騒音のせいで
救難活動が阻害されたと聞いたことがあります。

【政治】あの手口を学んだらどうか 麻生氏の発言要旨(大艦巨砲主義)

悪意のある人や彼の政敵は好んで非難するだろうが、
読んだ限りでは報道と逆の意味に見える。
彼の軽口は良くないかもしれないが、
この報道の姿勢は却って危険であろう。

本件が問題なのは、
過去でも類似の事例があったように聞くが、
新聞テレビ(第五列)が好ましくないと判断した人を、
社会的に公開処刑できるという、その力である。

行政あるいは司法(第一列)は、
法の名の下に恣意的に処罰する力を有する。
軍事(第三列)は、
その名をもって実力的に処分する力を有する。
商業(第四列)は、
金銭の拘束力で生殺与奪の能力を有する。
そして新聞テレビ(第五列)は、
恣意的な報道をすることによって社会的に抹殺できる。

元々の各列の力は、
庶民(第二列)を護る力である。
それは希望と言っても良いだろう。

しかし、一度暗黒面に引き込まれれば、
それは庶民を恐怖で支配する力となる。
まさにそれは絶望。

今一度考えて欲しい。
このまま報道が暗黒面を突き進めば、
庶民にとって、
新聞テレビは戦前戦中の軍部と同一視される。
前世紀は軍部に責任を押し付けることができたが、
今回は自分たちが軍部になっているのだと、
庶民にそう思われかけているのだと理解して欲しい。
軍靴の足音と新聞テレビは言うが、
いまやペンとマイクとテレビカメラの足音が、
庶民にとって恐怖の的になりつつある。

もう遅いだろうか。

法制局長官に小松駐仏大使=集団的自衛権積極派(日本軍事情報センター)

なるほど、こういう見方もあるのか。

« 8月になりました | トップページ | 万引きは、ゆるサンド! »

コメント

沖縄のオスプレイ2機をを尖閣諸島に配備するよう、日本政府は米国に要望してもらいたい。
沖縄の基地の負担軽減、尖閣諸島の防衛及び実効支配の一石三鳥となる。
執拗な領海侵犯、領空侵犯及びレーダー照射をして、中国共産党は尖閣諸島を自国の領土にしようと決めていることは明らか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/57915077

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生報道と新聞テレビの希望と絶望:

« 8月になりました | トップページ | 万引きは、ゆるサンド! »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.