2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« アメリカと言っても民主党、我が国だって、あの3年3ヶ月は日本ではなかった、とは? | トップページ | 501st JFW.OA~第五○一統合戦闘航空団公式放送~#70 »

2014年1月24日 (金)

神浦氏と内田先生と安倍首相と百姓と被差別部落

米政府、靖国参拝後の安倍政権にさまざまな注文(日本軍事情報センター)

神浦さんの話はいつもは切れがあるのに、こと安倍首相が絡むと途端に全否定となってしまう。
安倍首相の取り組みが危ういと思っているのは小生も同じなのだが、それは取るべきリスクの一つと思う。
神浦さんは、世界の理解が足りないと我田引水に説明というが、世界の理解が足りないのは事実である。
それは、この世が中心世界の秩序を正義として動いているから、日本のような辺境には正義を主張する権利はない、となっている。
そのような中心世界の、西洋や中華を奉じる人々にとっては、日本の、安倍首相の主張はちゃんちゃらおかしいと映っても仕方がない。
でも西洋や中華が必ずしも正義でないことは、非西洋非中華の国々は皆知っている。もちろん日本も。
中心世界でないものは正義を主張できないというのが先生方の意見である。
もちろん小生はそれに疑問を呈するものである。
驕る平家は久しからず。意外と早い結末が来るような気がしてきた、と神浦さんはいう。
しかし、政治家は必ず最後は失敗するものである。
政治家の失敗をみて、そら見たことかと嘲笑う人は、人類の進歩とはきっと無縁である。
中心世界の永遠を信じる辺境人は、中心に隷属するのみなのか。
それでは人類があまりに寂しすぎる。

あと、これWSJの記事だよ?
反日が主な社説の記事を引用してどうするの?

従属と謝罪について(内田樹の研究室)

内田先生も、いつもはやさしい書き方をするのに、こと安倍首相と橋本市長の時には柳眉を逆立ててものすごい形相で難じる書き方をする。
これは朝日新聞に向けてなのでなおさらであろう。
内田先生ははっきりと西洋と中華は日本に隷属の道を用意したと述べている。
世界中心である西洋と中華を奉じる人にとっては、とても明快で議論の余地もないことである。
戦後の歴史的な右派と左派の理解は、それはそれで逢っていると思う。
というよりも、内田先生の見立ての通りであるといわざるを得ない。
しかし、問題はそこではない。
19世紀からの世界史を見れば、西洋と中華という中心世界のジャイアニズムに対して否を唱えたのが、日清日露の戦争であり、辺境国であってもなんとか世界で生きて行けることを示した。
そして第二次世界大戦での敗戦(連合国による敗戦国認定も)は、単なる辺境国に対する仕置き以外のものではない。
二度と西洋と中華という中心世界に逆らうなよ、と。
辺境国であるが故の悲しみである。
同じ敗戦国のドイツは西洋中心世界の一員である。
日本とドイツを並べて論じることがそもそも間違っている。
中心世界の錯誤を正せず、中心が白と言えば黒も白の世界を好ましいと思うならそのままでいればいい。
昔から中心世界にあこがれて辺境世界を馬鹿にするものは枚挙に暇がないのだから。

*****

何を言っているのかわからない人には、この昔話を示そう。
百姓の集落と被差別部落の集落があり、被差別部落の者が百姓を殺めた。
以降、百姓集落の方は明確な被差別部落への非難理由ができ、子々孫々にいたるまで語り継ぎ、被差別部落を公式に攻撃できることとなった。
これが何を意味するか分からない人は、そのまま歩めばよい。

*****

ズムワルト次官補代理 「安倍首相の靖国参拝に米国はこれ以上コメントしない。中国に『日米同盟は重要』と伝えた」(大艦巨砲主義)

米国がどうの中国がどうのこの時点でいっててもしかたない。
どうせ人は見たい報道しか見ないし。

« アメリカと言っても民主党、我が国だって、あの3年3ヶ月は日本ではなかった、とは? | トップページ | 501st JFW.OA~第五○一統合戦闘航空団公式放送~#70 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/59002884

この記事へのトラックバック一覧です: 神浦氏と内田先生と安倍首相と百姓と被差別部落:

« アメリカと言っても民主党、我が国だって、あの3年3ヶ月は日本ではなかった、とは? | トップページ | 501st JFW.OA~第五○一統合戦闘航空団公式放送~#70 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.