2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 【ストライクウィッチーズ】501st JFW.OA~第五○一統合戦闘航空団公式放送~#77 | トップページ | 【しろぎつね仮説】演習問題・その4 »

2014年5月11日 (日)

【しろぎつね仮説】演習問題・その3

 これまでは基本的なものを挙げていましたが、もう少し技術的な手札の組み立てを示していきたいと思います。

 これまで紹介しましたしろぎつね仮説での定義を列記します。

・第一列~行政
・第二列~民間人
・第三列~軍事
・第四列~商業・経済
・第五列~通信・情報

 今まで見てきたように、ある領域における商業活動の自由(権益)を確保するには、行政のお墨付き(又は行政からの自由)があれば足ります。行政が他からの影響を排除するためには武力(軍事力)の保持が必須となります。

 独立という動きを観察してみましょう。旧行政(白1)、旧軍(白3)などからの影響を受けない状況です。新行政(黒1)が独立区内での自由を保証し、新軍(黒3)は黒1が執行する場を担保します。

140509_009

 他国の一部を独立させ、所謂傀儡国家にすることもあります(その後編入することもあります)。およそ黒1(新行政)を赤1が手助けし、黒3(新軍)を赤3が手助けします。なお、赤3と白3が直接交戦する場合は通常の戦争となります。

140509_010

 商業プレイヤーにとっては行政からのお墨付きではなく、行政からの自由というのも重要です。例えば海賊(山賊)の支配地域というものを表すと下記のようになります。行政(白1)を排除し、軍(白3)の攻撃に耐え、経済的に域内(白2)を排他的支配下に置きます(白4の排除)。

140509_011

 例えばこれが発展すると、旧軍(白3)を打ち破って独立するとか、旧行政(白1)も併呑して新しい政権を打ち立てるとかになる訳です。歴史的には頻発するパターンではないかと思います。ここで黒p3は軍事組織の萌芽と捉え、準三列と表現します。主体が黒p3の場合もありますし、黒4が本来の主体の場合もあります。

 次はまた別の組織体に注目した演習を考えたいと思います。

« 【ストライクウィッチーズ】501st JFW.OA~第五○一統合戦闘航空団公式放送~#77 | トップページ | 【しろぎつね仮説】演習問題・その4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/59619075

この記事へのトラックバック一覧です: 【しろぎつね仮説】演習問題・その3:

« 【ストライクウィッチーズ】501st JFW.OA~第五○一統合戦闘航空団公式放送~#77 | トップページ | 【しろぎつね仮説】演習問題・その4 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.