2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 中東分割支配の主役交代 | トップページ | 第五列は嘘はつかないとはいったけど恣意的じゃないとはいわない »

2014年6月28日 (土)

「先祖返りした韓国」を見切る米国、で雑感

【日経BP】「先祖返りした韓国」を見切る米国 怪しいおじさんについて行く娘(urinews)

 元ネタは日経BPの「早読み深読み朝鮮半島」から。

 さて、鈴置高史さんの解説ですが、小見出しを拾っていきましょう。

・原文と異なる日本語版の記事

・中国の猛烈な圧力受ける韓国

・怪しいおじさんについて行く娘

・属国だったことに気づいた米国人

・31%が中国に鞍替え

・中国に立ち向かわない韓国

・世界の副大統領に

・日本より上になれる!

・話し合っても無駄な韓国

・二枚舌で乗り切り図る

・朴槿恵外交への批判が始まった

 米国は1948年の建国以来韓国を手塩にかけOECD加盟国にまで育てたのだから、立派な西側の一員として米国を見てくれているはずだと思っていたのだけれど、現実は違ったねということでしょうか。
 西側世界の国家は、米国を中心とする西欧中心世界を仰ぎ見るだろうとの思いは少しナイーブなのかもしれません。
 日本人であれば知っていますが、あの地域は中華中心世界で、朝鮮は小中華を自認しているのです。

 20世紀、時限的ではありますがソビエト中心主義が発生した時がありました。
 その時ソビエトからの赤い風の壁として西の盟主米国の友邦として支援していた中東の国家群が、21世紀になって次々と反米になって行く姿をよく見かけます。
 それらの国家は戦争や内戦で大変なことになっています。

 ソビエト中心主義は時限的でした。
 しかし、西洋中心主義と中華中心主義は長い歴史を誇ります。
 日本は辺境世界だったので中華でも西洋でもありません。
 米国は韓国も同じだと思っていたのでしょうか。
 しかしながら、ロマンチストな米国も気がついたようです。

 韓国が中華にならないように、日本は韓国の言うことをなんでも聞いてくれ、というのが米国の想いで、ここ何十年か日本も米国が言うならと譲歩を重ねてきました。
 でも、米国が韓国を諦めたら。
 もう、日本も韓国に対して遠慮の必要はなくなります。
 いきなりの逆回転に韓国は耐えられるでしょうか?

北朝鮮が仕掛けた「20万人性奴隷」 「親北」公言する韓国の反日団体(産経)

 北朝鮮が韓国孤立化の一矢とした韓国挺身隊問題対策協議会。
 韓国と日本の間隙を作成するために20年以上前に設立。
 韓国はこんな仕掛けにはめられているのです。

ソウルからヨボセヨ 休戦ライン 異状あり?(産経)

 こういうところからも韓国が中国に賭けている様がうかがえます。
 当然米国は気がついていることでしょう。

 日本も米国も拒否した(そのように仕向けられた)韓国。
 来月7月、習国家主席が韓国を訪問します。

 同じく7月、日本と北朝鮮の局長級会議が開かれます。
 中国も秋には日本と首脳会談をするだろうと予想されています。

 反日の舞台に登って、そしてはしごを外される韓国。

 歴史的に、漢以降の諸王朝、ロシア(ソ連)、日本と、韓国は周囲の諸国に後ろ足で泥をかけつづけてきました。
 最後の米国が放棄したあと、どうなるのでしょうか。
 正しい意味で助ける国は、多分ないと思います。
 正しくない意味で「助ける」国はあると思いますが。

 あと、北朝鮮・・・

« 中東分割支配の主役交代 | トップページ | 第五列は嘘はつかないとはいったけど恣意的じゃないとはいわない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/59891563

この記事へのトラックバック一覧です: 「先祖返りした韓国」を見切る米国、で雑感:

« 中東分割支配の主役交代 | トップページ | 第五列は嘘はつかないとはいったけど恣意的じゃないとはいわない »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.