2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« そして武家が去り軍部が嫌われる | トップページ | 経済もみんなからきらきらした目で見られていた時代があったよね »

2015年1月11日 (日)

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか2」(大森藤ノ)

 神一人子(眷属)一人の弱小ファミリアであるヘスティア・ファミリア。
 その唯一の眷属、Lv1(駆け出し)冒険者としては脅威の成長を続けるベルですが、そんな彼にサポーターを申し出る少女が。
 けれども何だかきな臭いぞ。
 神様、ヘスティア様。
「大丈夫、ベル君の異性を見る目は確かなのさ。神(ボク)のように、きっとね」
 ベルの思いは皆を救えるか?
 そしてベルに対する皆(女性陣)の思いはどうなるのか?
 神話ファンタジーとRPGと混ざり合った小説ですが少年と少女(女性)が織り成す物語となっていて面白いですね。
 イラストのヤスダスズヒトさんがいい雰囲気です。

« そして武家が去り軍部が嫌われる | トップページ | 経済もみんなからきらきらした目で見られていた時代があったよね »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/60957167

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか2」(大森藤ノ):

« そして武家が去り軍部が嫌われる | トップページ | 経済もみんなからきらきらした目で見られていた時代があったよね »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.