2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« YRAラジオヤマト#09(最終回) | トップページ | ワールドネックワークはブエノスアイレスから »

2015年1月28日 (水)

本当は軍国主義より恐ろしい資本主義

さくら

 今は経済の時代で、軍の時代は第二次世界大戦で終わったというけど、新聞やテレビといった所謂マスコミでは盛んに軍国主義の再来と心配しているわよ?

しろぎつね

 まあ、この邦ではないだろうな。
 そもそもこの手の話は少なくとも二つの切り口がいる。

さくら

 二つの切り口? どんなの?

しろぎつね

 一つは現象面から。
 軍国主義を心配している人は、その目的が政権獲得もしくは政権を弱体化させて自分たちが主導権を確保することと言える。政権が困って民心が自分たちの方へ向かえばいいんで、別に人々のためじゃない。
 だいたいは態度でわかる。

さくら

 態度って?

しろぎつね

 人々が自分たちの思うように反応しない、すなわち反政府運動に立ち上がらないと、人々の危機感のなさ、愚かさを責めて馬鹿にするじゃないか。

さくら

 ああ、あれって正義の為に叫んでいるんじゃなくて、単に思い通りにならないから腹を立てているだけなのか。何だか教育ママがヒステリーを起こしているみたい。

しろぎつね

 その喩えはけっこう当たっているかもしらんぞ。
 世界の潮流が云々といって教化したいんだろうけどね。実は政権側より反政権側の方が人々の考えていることを汲んでないから困る。

さくら

 確かにお高く留まって市民に授業する感じだもんね。庶民に寄り添うって言ってて寄り添ってくれたためしがないもの。
 他には?

しろぎつね

 もう一つは歴史的な観点だ。
 この邦では軍組織はだいぶ昔に駄目出しされた。そう簡単には支持を得られない。
 他の国では軍でないものが駄目出しされている。中華、フランス、アメリカが王政になる可能性は薄いだろう。また、欧州で宗教政治になることもまずないだろう。
 一度失敗したものにはなかなか戻らないもんだ。

さくら

 常識的に考えると軍組織主導の政治になり得る工程が全く不明だよね。
 でも政権側の問題はないの?

しろぎつね

 あるよ。
 軍国主義が来ないと言っただけ。
 資本主義という名の重商主義が天下を取る日も近いか。
 まあ、予想だとかつて軍に期待し、人々の生活が軍の指導するところとなり、最後失敗してえらいことになったように、今後経済に期待し、人々の生活を経済が指導するところとなって、その後失敗するんじゃないかな。

さくら

 経済が指導するっていうのが想像しにくいわね。

しろぎつね

 例えば最近、大学の職業予備校化を経済人が提案していたし、相続税100%案とか消費税増税とかも経済人が言ってたね。
 私有財産の極度の制限、教育を経済優先に振り分ける、まあそんなところか。

さくら

 企業とか経済に人々が縛られる感じ?

しろぎつね

 そう、合法的にね。

*****

◆ラジオあさいちばん
◇ニュースアップ

 介護食の話題。
 超高齢化社会の日本では介護食が改良されています。
 見た目そのままで柔らかい。
 海外ではまだ流動食のようなものが中心で味や見た目にはそんなに注意が払われてないみたい。
 そこで海外展開を狙っています。
 ただ、牛肉エキスを使用したりしているのでBSE問題に揺れる国には輸出できないといった問題が。
 評判はいいんですけどね。

◇ワールドリポート ソウル

 韓国映画の話題。
 韓国映画は世相を反映したり政治問題を扱うものが多いみたいです。
 この前朝鮮戦争やベトナム戦争や朴正煕時代を描いた映画があって、観客動員数一千万人だったとか。
 韓国の人口が約五千万人だからものすごい数です。
 こういった映画が多いのは韓国のお国柄でしょうか。

« YRAラジオヤマト#09(最終回) | トップページ | ワールドネックワークはブエノスアイレスから »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/61049916

この記事へのトラックバック一覧です: 本当は軍国主義より恐ろしい資本主義:

« YRAラジオヤマト#09(最終回) | トップページ | ワールドネックワークはブエノスアイレスから »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.