2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 金こそ正義の第四列 | トップページ | 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか3」(大森藤ノ) »

2015年1月16日 (金)

サンデーモーニングが勝つ条件が人々の生活の困窮なのが笑うに笑えない

◆“ヒトラー安倍”にご用心!? 日本の「群衆」を操作してきたのは誰なのか(Business Media 誠)
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1501/06/news029.html

さくら

 これ、安倍総理を批判する人とサンデーモーニングを批判している人と、どうなの?

しろぎつね

 いや、最後までリングに立っていた方が勝ち、かな?

さくら

 わけがわからないわよ。

しろぎつね

 この筆者は情報操作をしているのがサンデーモーニング側と言っている。サンデーモーニング側は安倍総理だと言っている。筆者の論理展開を考えれば、サンデーモーニングが情報操作をしているのだから、人々がそれを断罪すればサンデーモーニングの負け。それをブーメランと言っている。

さくら

 そうならない可能性はあるの?

しろぎつね

 今の勢いのまま中韓そして米がサンデーモーニングの味方として働いてくれて、人々が安倍総理を支持しなくなればサンデーモーニングの勝ち。経済が悪くなることでもいいし、よその国だったら暗殺でも…

さくら

 物騒な話ね。あれ?、経済が悪くなった場合…

しろぎつね

 そうなんだ。サンデーモーニングが勝つ条件になると人々の生活はまず悪化する。

さくら

 まるでサンデーモーニングが人々の不幸を願っているみたいじゃないの。

しろぎつね

 おそらく彼らは気が付いてないのだろうな。人々に気が付かれたら終わりなんだが。

*****

【NHKラジオ第1(1/16)深夜+朝】
◆WN アメリカ・ロサンゼルス 二見文子

 ゴールデン・グローブ賞の話題。
 司会は有名なエンターテイナー女優2人。
 去年と同じ人ということで人気があったのでしょう。
 テンポの良い、きわどい話題で皆を笑わせていたとか。
 今回の受賞作品の中で目を引いたのが2つ。
 一つは6歳から18歳までの12年間の少年の成長をそのまま撮影した作品「6才のボクが、大人になるまで」。
 この12年間撮影にかけるという根性がすごいですね。
 これは作品賞と監督賞を獲得しています。
 もう一つは「博士と彼女のセオリー」。
 ホーキング博士の半生を描いた作品。
 博士の元奥さんを説得するのに3年かかったとか、博士を演じる男優がALSの患者さんの観察とか撮影でじっと動かない格好をしているとか、これも根性はんぱない。
 男優賞は、この体を壊しかけたてまで演じた博士役の人でした。

◆ワールドリポート ニューデリー

 今月オバマ大統領がインドを訪問する話題。
 インドはアメリカにとって重要な経済相手になっています。
 ただ、インドは全方位外交を採っているのでロシアとも中華人民共和国とも仲良し。
 さて、オバマ大統領の思う方向にいくかどうか。

*****

◆女の子が可愛いイラスト【100枚超】
http://matome.naver.jp/odai/2134813430372750701

 気分転換に。

« 金こそ正義の第四列 | トップページ | 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか3」(大森藤ノ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/60984378

この記事へのトラックバック一覧です: サンデーモーニングが勝つ条件が人々の生活の困窮なのが笑うに笑えない:

« 金こそ正義の第四列 | トップページ | 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか3」(大森藤ノ) »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.