2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインII セカンド・スクワッド・ジャム<上>」(時雨沢恵一) | トップページ | ワールドネットワークはワルシャワから »

2015年3月15日 (日)

心が折れる、という言葉

さくら

 土曜日夜のテレビで「心が折れる」というのはスポーツ選手のインタビューから出てきた言葉だというのがあったよ。

しろぎつね

 うん。昔は心がめげるとかくじけるとかだったと思うが。それにもともとの心が折れるというのは違う意味だったという。

◆「心が折れる」とは?(NHK)
http://www.nhk.or.jp/kininaru-blog/66935.html

「くじける」「めげる」にかわって、近年よく耳にする『心が折れる』という表現。【諦める・挫折】といった意味で「厳しい練習に何度も心が折れそうになった」などと使われます。しかし、本来「心が折れる」とは【気持ちを相手側に曲げる】という意味だったのですよ。「折れる」は「双方が折れて話がまとまった」など、【譲歩する】という意味でも使われます。これは、自分の主張・気持ちを曲げて相手側に寄り添わせるということですよね。実際に、江戸後期の読本『春雨物語』には「山の物海の物ささげ出でてもてなすにぞ、是に心折れて飲みくらふ(=山海の珍味でもてなしたら、機嫌よく飲み食いした)」とあります。これは相手側に気持ちを曲げて"打ち解けた"、つまり【心が和らぐ】という意味です。また、昭和初期の小説『抒情歌』には「父は母の死に心折れて、私達の結婚をゆるしてくれましたの」とあります。これは"妥協する"方向へ曲げた、つまり【気弱になる】という意味です。しかし、現在の「心が折れる」は、"曲げる"よりも"ポキッと折れる"イメージが強く、新語を解説した本には【懸命に努力してきたものが、何かのきっかけで挫折し立ち直れなくなる状況】と解説されています。この意味では、20年ほど前にある女子プロレスラーが「試合の時考えていたのは、相手の心を折ることだった」とインタビューに答えたという記録もあるのですよ。これは相手から再び立ち上がろうとする気力を徹底的に奪おうとしたということ。簡単には修復できない、立ち直ることの難しい心の状態、それが「心が折れる」ということなのでしょう。でも、最近ではちょっとしたことですぐ「心が折れる」と使う例が見られます。この表現も時代と共に変わっていくのでしょうか。

 全文引用になってしまったが、日経ビジネスにもある。

◆心はいつから「折れる」ようになったのか? 簡単には修復できない気力(日経ビジネス)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20111209/224986/?rt=nocnt

さくら

 へえ、昔は譲歩するという意味だったのね。

« 「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインII セカンド・スクワッド・ジャム<上>」(時雨沢恵一) | トップページ | ワールドネットワークはワルシャワから »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/61285829

この記事へのトラックバック一覧です: 心が折れる、という言葉:

« 「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインII セカンド・スクワッド・ジャム<上>」(時雨沢恵一) | トップページ | ワールドネットワークはワルシャワから »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.