2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインIII -セカンド・スクワッド・ジャム〈下〉-」(時雨沢恵一) | トップページ | 村山元首相が中国が好きで安倍さんが嫌いなのは何故なのか »

2015年6月15日 (月)

年金詐欺には気をつけよう、MERS対策は韓国についても強化

◆Philae comet lander wakes up and phones home(nature)
http://www.nature.com/news/philae-comet-lander-wakes-up-and-phones-home-1.17756

Philae, the space probe that made history when it landed on a comet in November 2014, is awake. The European Space Agency (ESA) announced today (14 June) that it had received signals from the comet lander last night, at 22.28 Central European Standard Time. They were the first in over seven months.

 チュリュモフ=ゲラシメンコ彗星(Churyumov-Gerasimenko)に昨年11月着陸した後通信途絶していた彗星探査機フィラエが起きたとのニュース。
 イラストがかわいい。

◆日本年金機構不正アクセス事案について(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/150603.html

 悪質詐欺にはご注意を。

◆塩崎恭久厚生労働大臣からMERSに関するメッセージ(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/mers.html

 韓国において中東呼吸器症候群(MERS:マーズ)が感染拡大しており、我が国にとっても重大な関心事となっています。これを踏まえ、中東地域に加え韓国からの入国・帰国者に対する検疫体制を強化いたしました。

 MERSは咳などの飛沫から感染することが知られていますが、感染力は強くはありません。中東へ旅行なさる場合には感染源であるラクダへ接触しないように気をつけるとともに、中東・韓国いずれにおいても感染者との接触や医療機関への訪問を極力避けるようにしてください。

 また、中東・韓国から帰国後2週間以内に、発熱・咳・呼吸困難などの症状が発生した場合には、直ちに最寄りの保健所に連絡するようお願いいたします。

 厚生労働省においても、万一国内で患者が発生した場合に備え、全国において診断・治療できる体制を整備するとともに、感染拡大を最小限にとどめるための措置を整えてまいります。

 韓国についても強化しました。


◆ラジオ深夜便
<WN>ポーランド・ワルシャワ 岡崎恒夫

 ポーランドはワルシャワで第一号のうどん専門店が今年四月に開業しました。
 ワルシャワでもお寿司屋さんはたくさんあるんですよね。
 店主は30代後半の日本人。
 日本から小型の製麺機を持ってきてお店の中でうどん作りと茹でるのを見せているそうです。
 かなり順調なようで、リピーターも増えているとのこと。
 岡崎さんの実家が製麺所というのもびっくりしましたが、麺談義が止まらない様子でした。
 ポーランド人がうどんを食べる姿というのも、おもしろいかも。

◆マイあさラジオ
◇ワールドリポート カイロ

 モロッコの中絶合法化の行方について。
 モロッコはイスラム教の国なので、法律でもイスラム教の上でも中絶は違法です。
 しかし、モロッコはヨーロッパに近いこともあり欧化が進み、昨今はスマートフォンなどで男女の出会いが多くなっていて自由恋愛がたくさんあるのです。
 そんな中で望まない妊娠をしてしまうと、一般の病院では中絶手術をしてもらえません。
 困った彼女たちは闇医者、違法で未熟な中絶医のところに行くことになります。
 結果、二度と妊娠できなくなったりあるいは命を落とすことさえあります。
 出産した場合でも、正式な結婚の子供ではないことから周囲の目は冷たく、経済的支援も受けられないため母子で貧困にあえぎ、あるいは捨て子ということも珍しくありません。
 モロッコでも性的被害に限っては中絶を合法化すべきだという声もありますが、伝統的な考えではないのでこれさえも困難な状況です。
 中絶合法化云々の話はイスラム今日の国に限ったことではなく、キリスト教国でも厳格なカトリックの国とか、また一人っ子政策の中国とかでも問題になっています。
 この手の話は本当に何が正義かが暴走する話題なのです。

◇ワールドリポート パリ・ヨーロッパ総局

 増え続けるヨーロッパへの難民、移民について。
 ヨーロッパへの難民、移民は今年だけで10万人にのぼる。
 危険をかえりみず海を渡るのは、政情不安や、主要出向地のリビアが不安定で密航を取り締まれないため。
 あまりの人数にイタリアの街は難民で溢れかえっている次第。
 これはどうにも困った事態。


◆【外信コラム】ソウルからヨボセヨ 感染広げる?「病室文化」(産経)
http://www.sankei.com/column/news/150613/clm1506130004-n1.html

 黒田さんのコラム。

 不思議なのは患者服を着た入院患者が点滴のビンをぶら下げて外出し、病院周辺で買い物をしている姿を目撃することだ。これだからパニックは広がりやすい。産経新聞ソウル支局近くのパン屋が「お客さんが来ない」と嘆いていたが、道路向かいに大型病院があるからだ。無関係でも周辺は風評被害に泣かされている。

 病院と民間に危機意識というか科学が不足しているような感じがする。
 あれだけ勉強大国なのに。

« 「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインIII -セカンド・スクワッド・ジャム〈下〉-」(時雨沢恵一) | トップページ | 村山元首相が中国が好きで安倍さんが嫌いなのは何故なのか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/61748026

この記事へのトラックバック一覧です: 年金詐欺には気をつけよう、MERS対策は韓国についても強化:

« 「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインIII -セカンド・スクワッド・ジャム〈下〉-」(時雨沢恵一) | トップページ | 村山元首相が中国が好きで安倍さんが嫌いなのは何故なのか »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.