2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« ウエストミンスター宮殿の改修に1兆2千億円とか | トップページ | 複雑な思いが残った話題 »

2015年6月25日 (木)

急落する中国株

◆急落する中国株、「インバウンド消費」への冷水警戒(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0P20QY20150622

[東京 22日 ロイター] - 日本の国内消費を支える「インバウンド消費」に、減速警戒感が強まっている。バブル的様相を示していた中国株が急落。高値からの下落率が本格調整のめどとなる10%を超えてきた。中国株がさらに下落し、消費ムードに水を差せば、海外旅行や日本国内でのいわゆる「爆買い」に影響が出る可能性もある。

 どうするんだ、これ。


◆ラジオ深夜便
◇WN ペルー・クスコ 吉田守利

 ペルーの6月はお祭りシーズン。
 インティライミ(太陽のお祭り)が6月24日にあります。
 太陽を信仰するところでは冬至の後でお祝いをすることが多いですが、南半球のペルーでは6月が冬至。
 日本にも太陽信仰があるので身近かもしれません。
 インカ帝国の崩壊後、キリスト教あるいはカトリックで禁止されていたので、今は宗教的なものではなく伝統的なものとなっています。
 700人もの若者が参加していて、主役はインカ皇帝役の人になります。
 二つ目の話題は、去年日本でも話題となったデング熱。
 ペルー北部では非常事態宣言が出るほど流行しているようです。
 感染者数2万人とか。
 いろいろ大変そうです。

◆マイあさラジオ
◇ワールドリポート シドニー

 オーストラリアで不動産が高騰しています。
 住宅価格が平均7000万円、調査機関によっては平均1億円とも。
 主な要因と言われているのは外国からの投資の増加。
 シドニーで中国が高級不動産をどんどん買っていることからも、中国の影響が最も大きいかもしれません。
 ただし、当局は中国など外国からの投資が原因であるとは考えていないとのことです。
 これに引きずられる格好で賃貸の家賃が上昇。
 あぶれた人がホームレスとなるという事態まで発生しています。

 不動産の高騰ってカナダでも同じ話をしていましたね。
 中国人の投資がすごいらしいです。
 中国大陸の中での不動産投資がうまみがなくなったことから余ったお金が中国国内の株や外国の不動産に流れているのでしょうね。
 日本ではこの現象をバブルと呼んでいました。

◇ニュースアップ

 大統領にTPP交渉の大幅な権限移譲をする法案が成立。
 これから交渉が本格的になります。
 TPPでは医療制度や知的財産制度が交渉の鍵となっています。
 日米協議も山場を迎えることになります。
 さて、どうなることやら。

◇ワールドリポート 国際部

 ドイツG7サミットでの気候変動に関する協議の話題。
 ドイツ・メルケル首相は温暖化対策が大好きです。
 将来的には全体の8割から9割の温暖化ガス削減、電力のうち8割を再生可能エネルギーにすることを目標にしています。
 でも、現状ドイツでは反原発政策で不足した電力を火力発電で対応しています。
 なかなか難しい話ですよね。
 日本でも、脱原発というか原発が稼働できない不足分を石炭火力で対応しています。
 こうした動きには低海抜国などからは文句が出ているのですが、今すぐ使える札がないのでどっちに転んでもどうにもならないよね。

« ウエストミンスター宮殿の改修に1兆2千億円とか | トップページ | 複雑な思いが残った話題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/61793613

この記事へのトラックバック一覧です: 急落する中国株:

« ウエストミンスター宮殿の改修に1兆2千億円とか | トップページ | 複雑な思いが残った話題 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.