2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 豪州の度量、そしてMERSはどうなる | トップページ | イルカ漁を批判する英国で近くキツネ狩りが復活する見込みに »

2015年6月 4日 (木)

来日中のフィリピン大統領、中国をナチスにたとえる

◆マイあさラジオ
◇ワールドリポート ベルリン

 未来の航空機のコンテストがあり、東京大学が最終選考まで残ったという話題。
 東京大学のものはバードストライクをドローンを活用して防除するというもの。
 優勝した大学のものは、翼が飛行時にたわむエネルギーを発電に用いるというもの。
 省エネが求められる現代の航空機にとって魅力的なアイデアだったらしいです。
 実際このコンテストから航空機メーカーとの共同研究に入ったケースもあるらしいです。
 100以上の大学が参加したということなので、すごいですね。

◇ワールドリポート 国際部

 今日6/4は天安門事件から26年。
 もう若い世代では事件そのものを知らない人が増えています。
 中国共産党政府は情報統制、事件の封鎖に専心しているようです。
 天安門事件に関する小規模な会合でも逮捕監禁とか。
 ネットでも天安門事件に関するものは記事を削除されたり、アカウントを停止されたり。


◆来日中のフィリピン大統領、中国をナチスにたとえる(AFP)
http://www.afpbb.com/articles/-/3050683

【6月3日 AFP】来日中のフィリピンのベニグノ・アキノ(Benigno Aquino)大統領は3日、都内で行った講演で、中国をナチス・ドイツ(Nazi)になぞらえ、世界各国は中国に対し宥和政策をとり続けることはできないとの見解をほのめかした。

 対抗勢力をナチ呼ばわりするのはあれだ、インターネットではゴドウィンの法則として知られるけど、大統領が名指しするとはすごいな。
 なお、一部のインターネットによると、日本のマスコミはこの件に関して報道しない自由を行使していると伝えている。

« 豪州の度量、そしてMERSはどうなる | トップページ | イルカ漁を批判する英国で近くキツネ狩りが復活する見込みに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/61695044

この記事へのトラックバック一覧です: 来日中のフィリピン大統領、中国をナチスにたとえる:

« 豪州の度量、そしてMERSはどうなる | トップページ | イルカ漁を批判する英国で近くキツネ狩りが復活する見込みに »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.