2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« アジアリポートはベトナムとタイから | トップページ | ソウルからヨボセヨ 受難の日本大使館、他 »

2015年7月19日 (日)

「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 2.炎竜編」

 作者が一番書きたかったというドラゴン退治。
 ファンタジーの王道と言えばそうなのですが。
 伊丹チームというべき連中が悪路を乗り越えドラゴンを目標にする物語。
 一方で、伊丹チーム以外の自衛隊と日本政府組、特地組も味のある展開を続けます。
 ファンタジーなんだよ。
 ライトノベルといえなくもないけど、出自からしてノーベルだよね。
 ところで伊丹の文学上の先祖はなんだろうね。
 ヤンは伊丹よりまじめだし、タイラーは伊丹より立ち回りが上手いし。
 まあ、伊丹は30代で尉官、ヤンやタイラーは20代で将官だから比べるのは可愛そうか・・・

« アジアリポートはベトナムとタイから | トップページ | ソウルからヨボセヨ 受難の日本大使館、他 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/61912963

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 2.炎竜編」:

« アジアリポートはベトナムとタイから | トップページ | ソウルからヨボセヨ 受難の日本大使館、他 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.