2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« ネットを歩いているとひろいものをします | トップページ | 風刺ってこういうのをいうのではなかろうか »

2015年8月21日 (金)

「バケモノの子」

 細田監督の「バケモノの子」を見てきました。
 公開から40日後のレイトショーでしたが、そこそこ入っていて20代くらいのカップルも多かったです。
 レイトショーだから子供の入りはわからんかったけど。

 作品のネタバレは最小限にするけど、バケモノの世界に迷い込んだ少年が、バケモノの師匠と出会い動いていく物語です。
 バケモノの師匠役の熊徹が役所広司さんで、あなた実写でもアニメでもこの夏主役級ですなあという感じですが、いい味出してます。
 時をかける少女(筒井さん原作)、サマーウォーズ、おおかみこどもの雨と雪、と続きましたが今まででいちばんファンタジーワールドでしたね。

 細田監督の人間の闇の描き方がどうも人によって評価が異なるみたいで、けちょんと言ってしまう人も多いみたいですが、私は業師だと思いますけどね。
 あとこの監督さんはハッピーエンドはそもそも眼中にないんだろうなという、不安定な終わり方しますよね。これまでの作品を見ても。
 一見ハッピーエンドだけど、監督自分でハッピーじゃないよって思っているでしょ的な。

 これは見る人によって感想が違ってくるし、評価がばらばらなのは当たり前でしょう。
 一言で言って味がある作品だなあと思います。
 面白かった。

« ネットを歩いているとひろいものをします | トップページ | 風刺ってこういうのをいうのではなかろうか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/62123091

この記事へのトラックバック一覧です: 「バケモノの子」:

« ネットを歩いているとひろいものをします | トップページ | 風刺ってこういうのをいうのではなかろうか »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.