2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 「小説 千本桜」(一斗まる) | トップページ | 漫画の児童ポルノ騒動に関する赤松先生の意見とか »

2015年10月26日 (月)

キャラクター性の大量消費とテレビタレントのそれと

◆WN ポーランド・ワルシャワ 岡崎恒夫
 ショパンコンクールの話題。

◆ワールドリポート ウィーン
 オーストリアの日本庭園の話題。

◆ワールドリポート バンコク・アジア総局
 ミャンマー総選挙在外投票の話題。


◆【ソウルからヨボセヨ】「ドイツに学べ」は韓国の方だ 離散家族再会の非人道 - 産経ニュース:
http://www.sankei.com/column/news/151024/clm1510240004-n1.html

 黒田さんのコラム。

 同じく分断国家だったドイツは当時、東西離散家族による手紙や贈り物交換、自由往来をやっていた。ドイツにはできて韓国・朝鮮にはいまだできない。「ドイツに学べ」は日本ではなく韓国の方です。

 まあ、状況が異なるから同じようにとはできないとは思うけど。
 ブーメランは健在ですね。

◆キャラクターを図柄という原材料として消費させて殺すのが得意な人達について - Togetterまとめ:
http://togetter.com/li/890755

 キャラクターが大量消費されると死んでしまうというのは、よくわかります。
 キャラクターには許容量(容量)があるので消費速度が速いと寿命が短くなります。

・寿命=容量÷消費速度

 どんなに大きな可能性を持っていても、大量消費(極大の消費速度)が行われればすぐに寿命が来てしまいます。
 芸人さんで時の人になって、いろいろな媒体に休み無く出てくることがありますが、たいていは消費速度の速さに押されて消えていってしまいます。
 容量を上げる(経験を積む)前に大量消費されると、媒体に限界まで吸い出されて終わってしまうのです。
 媒体の方は次の餌を求めて探索するので良いのでしょうが、こういうコンテンツとか芸人さんは時の彼方に置いてけぼりになるだけでかわいそうです。
 大人の事情というには、ちょっと不公平な気もします。
 創作する人より媒体の方が偉いのかい?
 それは悲しい世の中だねえ。

« 「小説 千本桜」(一斗まる) | トップページ | 漫画の児童ポルノ騒動に関する赤松先生の意見とか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/62555100

この記事へのトラックバック一覧です: キャラクター性の大量消費とテレビタレントのそれと:

« 「小説 千本桜」(一斗まる) | トップページ | 漫画の児童ポルノ騒動に関する赤松先生の意見とか »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.