2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 南條さんが紅白に出るか、さあ賭けをしようじゃないか | トップページ | 少子化と高齢化は連動しています »

2015年11月28日 (土)

20世紀前半、南シナ海は日本の海だった

◆【ソウルからヨボセヨ】朴大統領は日本風ウドンがお好み?(1/2ページ) - 産経ニュース:
http://www.sankei.com/world/news/151128/wor1511280012-n1.html

 黒田さんのコラム。
 今日はうどんの話題でした。

◆メタン 大都市や大規模農業地帯で高濃度 NHKニュース:
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151128/k10010322531000.html

 中国、インド、パキスタン、ブラジル。
 ここら辺が特に数値が高いのが気になる。


 NHKラジオ第2の文化番組で10月に「アホウドリと帝国日本の南進」という番組を放送していました。
 東沙諸島(プラタス諸島)、南沙諸島(スプラトリー諸島)といった南シナ海は戦前は日本人が進出して無人島を開拓して事業をしていたのですね。
 スプラトリー諸島=新南群島はフランス(ベトナム)と日本が領有権争いをしていたと。
 歴史を見れば台湾(当時は日本)はともかくとして共産党中国が領有権を主張するのはなんだかなあ。
 単に軍事占領しているだけに見えますが、まあ占領も領有ですわね。
 「歴史的に見て」という単語を発するのは、歴史に浅いということがばれるので使わないほうがいいよ。

« 南條さんが紅白に出るか、さあ賭けをしようじゃないか | トップページ | 少子化と高齢化は連動しています »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/62765868

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀前半、南シナ海は日本の海だった:

« 南條さんが紅白に出るか、さあ賭けをしようじゃないか | トップページ | 少子化と高齢化は連動しています »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.