2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« テレビでの謝罪なんて見え見えという風潮になれば解決 | トップページ | ワールドネットワークはロサンゼルスから »

2016年1月22日 (金)

ワールドネットワークはイギリスから

(NHK 1/21)
●WN イギリス・コルチェスター 黒川育子
 一つ目の話題は世界的にも有名な大企業の納税回避に関する話題。
 大企業が納税を回避していて、そのことに政府も手をこまねいている状況です。
 法の網をかいくぐってはいますが、何せ合法なので大企業は「合法です」のコメントで済んでしまう。
 何も対策を打ち出さない政府に業を煮やした地方の事業主が、独自に外国のタックスフリーのオランダなどに行って手法を学び、村で納税回避団体を設立してしまいました。
 もちろん納税を回避することが目的ではなく、こういった地方自治体が増えることで財政府に圧力をかけて大企業の納税回避をどうにかさせるのを期待してのことです。
 この村はノウハウを教えるのでどんどん広げていってほしいと。
 どこに着地するのか見ものです。

 二つ目の話題は近所の騒音問題。
 地球のどこでも同じ問題があるものですね。
 なかなか直接文句を言えないのはイギリスも日本も同じ。
 そこである町内会では、うるさい家にはイエローカードやレッドカードを郵便受けに入れるという試みが。
 どういう効果が出て来るか、見ものです。

●ワールドリポート シドニー
 カンガルーの増加の問題。
 オーストラリアではカンガルーが増えすぎて問題に。
 特に干ばつの影響か、農地にまで出没して農作物に被害が出ているそうで。
 オーストラリアのカンガルーはちょっと前まで2千万頭と言われていたので、それよりは多いか。
 また、車にひかれるカンガルーも年間2万頭にのぼります。
 桁が違ってないかというくらい多い。
 カンガルーの肉を輸出しようという案もありますが、数を減らすにはちょっと無理っぽい。

●ニュースアップ
 マイクロプラスチックの問題。
 プラスチック製品が劣化して細かくなり、海の生物が摂取してプラスチックに含まれている添加剤や、付着した化学物質が食物連鎖で生物濃縮を受けていて、えらい国際的な問題に。
 あまりの多さに回収は困難で、これ以上プラスチックごみを出さないようにするしかない。
 とはいえ、化繊の着物から出る洗濯ゴミもマイクロプラスチックの原料となるので、途方もないこと。
 日本近海にも外国からゴミが海流に乗って漂着してくるので、国際的な取り組みが必要。

●ワールドリポート 国際部
 18歳選挙権の話題。
 世界の9割が選挙権は18歳からで、20歳は台湾やチュニジアなどごく少数。
 スウェーデンは早くから18歳選挙権の国で、若者の投票率は8割、日本が3割なのをみてもすごい。
 もっともスウェーデンも最初から投票率が高かったわけではなく、いろいろな取り組みや努力の賜物ということはいえる。
 スウェーデンの若者にとっては投票するのがあたりまえ、自分のことを自分で決めなくてどうするのという意識は、見習うべきところではないかと思います。

« テレビでの謝罪なんて見え見えという風潮になれば解決 | トップページ | ワールドネットワークはロサンゼルスから »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/63099819

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドネットワークはイギリスから:

« テレビでの謝罪なんて見え見えという風潮になれば解決 | トップページ | ワールドネットワークはロサンゼルスから »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.