2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« ベルギーとタイとカナダとオーストラリアの話題 | トップページ | 「ゼロから始める魔法の書VII -詠月の魔女<下>-」(虎走かける) »

2016年8月20日 (土)

くっくりさんのブログから、DVと中国の尖閣領海侵入との雑感

◆覚えておきたい!「DVをする人を見分けるための共通点」に納得する人が続出 | BUZZmag
http://buzzmag.jp/archives/62519
(しんしんのお店・店長ブログさん経由)

≫「冗談、冗談(笑)」と言いながら、ひどいことをする人。実はそれは「冗談」なんかではなく、心の底では相手を試しているのだという指摘。

 確かに。
 冗談や無礼を演出して相手を試しているというのは、個人でも集団でも相手を隷属できるかを試しているのだと。
 心しなければなりませんね。
 一方で、冗談や無礼で相手を傷つけないように、自らを律しなければなりません。

 本当に。

 そんな思いを強くする、くっくりさんのブログの話題。

◆陛下のお言葉の変化を報道しないメディア・バイデン憲法発言・中国の尖閣領海侵入など 青山繁晴「虎ノ門ニュース」(ぼやきくっくり)
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1931.html

 靖国神社に対する中国政府及び付属機関による種々の嫌がらせの件。
 米国政府及び諸機関の無神経な発言の数々。
 中国の尖閣諸島水域へのちょっかいの数々。
 韓国の竹島での示威行動。

 これも国家が国家に対して反応を試し、隷属できるかどうかを調査しているのでしょう。
 相手が怒ったら、冗談冗談、とかわして。

 上のDVの話題と絡みますが、とにかく相手を人間とみなさない、相手を人間と見なくてもいいよねという確認をしつこくしてくるのは、人類として嘆かわしいですが存在します。
 自分の自尊心を満たしますから。
 それを国としてしなかった、許さなかったのが日本といえます。

 中国も米国も韓国も、日本と日本人を人間と見ないでよいよねという確認を何回もしてきています。
 中国も米国も韓国も、日本が悪であるという前提で国の歴史を作ってしまった。
 だから、日本が悪ではないよ、というと猛烈に反対する(例えば安倍総理に対する態度の様に)、それは自分たちの正統性が失われるということだから。

 日本としては、それを超えて日本人は人間だということと、世界の人が同じく人間であるというところを言う必要があると思います。
 既に多くの人が地道に実践しているように。

 一部の世界市民の様に外国に付和雷同して日本人を人間とみなさなかったり、その反動として外国の人を人間とみなさなかったりするのは、多くの日本人の好むところではありますまい。

 もう一つ哲学が必要です。
 相手を人間とみなし、相手に自分は人間であると宣言する、それを世界中でやる。
 それを日本と世界が理解しなければ。

 中国も米国も韓国も、日本と日本人を人間とみなさないというゲームに熱狂していると、背後からばっさりやられますよ。
 なぜならば、虚偽を使っても相手を倒していいというゲームは、自らをも伐採されてよいということだから。

 しらんぞ。

*****

◆NHKラジオ(0820)
【アジアリポート】
○ベトナム・ホーチミン 山崎亜理佐
 レポーターさんが2年ぶりに日本に帰国。
 ホーチミンと日本の違いの話題など。
 日本のお店は選ぶのに困るほど商品が多いと感じるとか。

○マレーシア・サラワク州クチン 酒井和枝
 クチンでのフードフェスティバルなど、マレーシアでの夏のイベントの数々の紹介。

« ベルギーとタイとカナダとオーストラリアの話題 | トップページ | 「ゼロから始める魔法の書VII -詠月の魔女<下>-」(虎走かける) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/64085617

この記事へのトラックバック一覧です: くっくりさんのブログから、DVと中国の尖閣領海侵入との雑感:

« ベルギーとタイとカナダとオーストラリアの話題 | トップページ | 「ゼロから始める魔法の書VII -詠月の魔女<下>-」(虎走かける) »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.