2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« ワールドネットワークはカイロから | トップページ | タイでLINEが人気だとは知らなかった »

2016年8月 1日 (月)

「天冥の標 VI 宿怨 PART1」(小川一水)

 第6巻。
 今回は第5巻から時間は過ぎて西暦2499年、場所は第3巻から第5巻までと同じく小惑星帯メインベルト。
 この巻の主人公は救世群議長の娘イサリ・ヤヒロ。
 最初は少女と少年の出会いで始まります。

 その雰囲気とは全く関係なく、救世群の人々は先鋭化していきます。
 硬殻化、救世群の人々が選んだ戦う力。

 そして救世群以外の人々も動きが進んでいます。
 アンチオックスは太陽系外の探査活動を本格化しようとしています。

 25世紀末、地球を目指していたはずのパマナハン飛行体は行方不明となっています。
 いったい太陽系内で何がおこっているのでしょうか。

 ダダーのノルルスカインは今回も後手に回っています。
 最初はMHDが乗っ取られ側だと思っていたのですが、だんだん救世群側の方が乗っ取られ側に思えてきます。
 あるいは両方か。

 この巻で第1巻につながる名称が多数出てきました。
 イサリ
 セアキ
 ラゴス
 救世群、医師団、アンチオックス、ラバーズ、シェパード号
 そして、カルミアン。

 歴史はどう書き換えられてきたのか、これからどう動くのか。

 さて次は第6巻の2冊目です。

« ワールドネットワークはカイロから | トップページ | タイでLINEが人気だとは知らなかった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/63994515

この記事へのトラックバック一覧です: 「天冥の標 VI 宿怨 PART1」(小川一水):

« ワールドネットワークはカイロから | トップページ | タイでLINEが人気だとは知らなかった »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.