2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 気に入らなければ排除するという思想の向こう側 | トップページ | 乗り切るやつ、折れるやつ »

2016年10月 2日 (日)

「天冥の標 IX ヒトであるヒトとないヒトと PART1」(小川一水)

 第9巻のPART1です。
 カドム、イサリ、ラゴス、ユレインらのパーティーはセレスの探索、いや今の世界の姿を知る旅を続けています。
 そこで邂逅する者、別れゆく者。
 この巻でオムニバスで語られる、メニー・メニー・シープ、救世群、カルミアン、太陽系人、そしてダダー。
 オムニフロラ、ミスチフ以外の者がどのような状況にあるかが語られていきます。

 やっぱりセレスに重力があるのは理由があったのですね。
 行先については読んでびっくりというか、ある意味納得ですが。

 さて次はPART2、予定では今月発売。
 図書館に入るのはいつかな…(買えよ!)

« 気に入らなければ排除するという思想の向こう側 | トップページ | 乗り切るやつ、折れるやつ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/64285287

この記事へのトラックバック一覧です: 「天冥の標 IX ヒトであるヒトとないヒトと PART1」(小川一水):

« 気に入らなければ排除するという思想の向こう側 | トップページ | 乗り切るやつ、折れるやつ »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.