2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« イゼッタとヤマトの類似性とか | トップページ | 何故民進党はダメなのか、雑感 »

2016年12月 6日 (火)

「女騎士、経理になる。(1)鋳造された自由」(Rootport)

 120年前―。
 新大陸を発見した「人間国」の人々は、大船団を率いて植民を開始した。
 新天地は豊かな実りをもたらし、飢餓と貧困は過去のものになると思われた。
 しかし入植地の西方、山脈の向こうには”魔族”たちが暮らし独自の文化・社会を発展させていた。
 人間たちは魔族の居住地域を「魔国」と名付け、討伐軍を派兵した。
 こうして、人間国と魔国との100年を越える戦争が始まった―。

 という設定で始まりますが、話は女騎士がいきなりオークにとらえられて「くっころ」の状況から始まったりします。頭痛い。
 ところが本書ではオークは女騎士を経理のお姉さんとして教育しなんと簿記2級をとったりします。
 この初期設定で、人間国に戻ってきた女騎士が周りの人間を巻き込みながら簿記の知識で課題をへし折って進む物語、というのが本書の特徴です。

 書式は「まおゆう」と同じ様な会話テキスト体で、好みが分かれるところかな。
 とにかく簿記の副読本ともいえる本書、なかなか侮れないと思います。
 これを読んで簿記やってみようかな、と思う人が増えるといいな。

 最後に著者のあとがきも一読した方がよいでしょう。その最後を引用して締めます。

<私たちの生きる社会がお金に支えられている以上、お金についての知識はどれほどあっても邪魔にならない。お金については、詐欺まがいの本やウェブサイトも珍しくない。だからこそ、お金について学びたくなったとき、最初の一歩は複式簿記であるべきだと私は思う。>

« イゼッタとヤマトの類似性とか | トップページ | 何故民進党はダメなのか、雑感 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/64591097

この記事へのトラックバック一覧です: 「女騎士、経理になる。(1)鋳造された自由」(Rootport):

« イゼッタとヤマトの類似性とか | トップページ | 何故民進党はダメなのか、雑感 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.