2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 取材源は守られない、下級生は守られない、そんな世界にしたいのか | トップページ | 厚切りジェイソンに言われても改善しない日本マスコミは如何なものか »

2017年2月19日 (日)

「科学嫌いが日本を滅ぼす 『ネイチャー』『サイエンス』に何を学ぶか」(竹内薫)

 サイエンス作家の竹内薫さんが日本の科学の復権を願って付けたこの題名。
 とにかく日本の科学の地位はあまりにも低く、科学への風当たりはあまりにも強いのが現状です。
 このままでは日本で科学を目指そうという人がどんどん減ってしまい、やがては日本が世界から遅れてしまうのではないかという危機感が伝わってきます。
 一方、日本とは異なり米国や英国など海外では科学の地位は日本ほど低くはなく、むしろ高いのです。
 その科学の地位を担うものとして米国ではサイエンスが、英国ではネイチャーがそれぞれ世界を代表する科学雑誌として存在しています。
 第I部ではネイチャーやサイエンスが現在のようになった歴史について、第II部では科学の暗部について、第III部では日本の科学について述べられています。
 特に日本について、第8章のはやぶさと第11章の原発事故のところでは日本の科学があまりにも世論と、より強くはマスメディアに影響される現状への疑問が呈されています。
 面白いのは第9章の英語の問題で、英語を母語としない人は英語に関して表現がどうしても拙くなる点が指摘されています。
 日本語を母語とする人は日本語で思考するのが当然パフォーマンスが良いので、日本の英文科学雑誌が今以上に普及したらよいのにとのこと。
 あと日本人社長が英語でしゃべるとひどく拙く聞こえるケースがあるので、それくらいだったら一流の通訳を使って発信した方がかっこいいのに、というくだりには大いに頷くところです。

 本当に日本での科学の地位はもう少し、いやだいぶ上げないといけませんね。

« 取材源は守られない、下級生は守られない、そんな世界にしたいのか | トップページ | 厚切りジェイソンに言われても改善しない日本マスコミは如何なものか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/64912913

この記事へのトラックバック一覧です: 「科学嫌いが日本を滅ぼす 『ネイチャー』『サイエンス』に何を学ぶか」(竹内薫):

« 取材源は守られない、下級生は守られない、そんな世界にしたいのか | トップページ | 厚切りジェイソンに言われても改善しない日本マスコミは如何なものか »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.