2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« ワールドネットワークはカイロから | トップページ | 「ファイナルファンタジーXIV 君の傷とぼくらの絆 ~ON(THE NOVEL)LINE~」(藤原祐) »

2017年6月24日 (土)

「天冥の標 IX ヒトであるヒトとないヒトと PART2」(小川一水)

 第9巻のPART2です。
 カドムたちはセレスの探検を通じて、今の世界の状況を把握します。
 セレスの人々と咀嚼者あるいは救世群との戦いは一進一退。
 そのセレスはカルミアン母星に向けて近づいていて、太陽系艦隊もセレスを追いかけ続けています。
 セレスにいるカルミアンは母星から拒絶されています。
 そして、宇宙の敵ともいうべきミスチフは姿を隠したままです。

 カドム、イサリ、アクリラの活躍でやっとセレスと救世群の争いも止まります。
 太陽系艦隊も加えて人類側の意思疎通はなんとかなりましたが、まだ外と内に得体の知れない敵が残っています。
 最後の第10巻、何冊組になるかわかりませんが皆の運命はどうなるのでしょうか。

 この小説、7年以上続いているのですが色褪せてないですね。

« ワールドネットワークはカイロから | トップページ | 「ファイナルファンタジーXIV 君の傷とぼくらの絆 ~ON(THE NOVEL)LINE~」(藤原祐) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/65450685

この記事へのトラックバック一覧です: 「天冥の標 IX ヒトであるヒトとないヒトと PART2」(小川一水):

« ワールドネットワークはカイロから | トップページ | 「ファイナルファンタジーXIV 君の傷とぼくらの絆 ~ON(THE NOVEL)LINE~」(藤原祐) »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.