2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« ジンバブエ、妻への禅譲とクーデターとどっちが正義か | トップページ | 「二十一世紀の人類像をさぐる」(梅棹忠夫) »

2017年11月18日 (土)

4マス、特に日本の4マスの存在意義についてもう一度考える必要がある

◇「アベに忖度して言論弾圧」といった風説に基づいて騒いだ作家・思想家・記者は反省してほしい。こういった一つ一つの「あれ?」が、言葉を信用しない市民を作っていく。「平和大使演説、圧力は中国 日本の被害強調嫌う? 政府、他国の同調恐れ見送り」… https://t.co/xRSfg76bA5(Satoshi Ikeuchi 池内恵さんのツイート)
https://twitter.com/chutoislam/status/931105808988774400

 中国政府が日本の高校生の演説を圧力でつぶした事件と、
 日本の4マスが中国政府に忖度して日本政府・安倍政権のせいにしてなすりつけた事件。

 現在の世界の4マス、特に日本の4マスのって何のために存在するのか
 一度精査してみる必要があると思われます

 4マスの求められる姿(role)は何か
 今の4マスが暗黒面(anti role)の棺桶に片足を突っ込んでいる理由は何か

*****

◆NHKラジオ(1118)
【アジアリポート】
○ベトナム・ハノイ 小松みゆき
 アジア太平洋戦争後、ベトナムで戦後の独立戦争に巻き込まれてそのままベトナムに残った日本兵は、ベトナムに骨を埋める覚悟でベトナムで家族を持ちました。
 しかし、フランスからの独立後中国との関係を深める中で中国が元日本兵の存在を嫌ったため、家族と別れて元日本兵は帰国、家族はベトナムに残りました。
 元日本兵の家族ということでベトナムでは辛い目に遭っていたそうです。
 今回、残留家族の訪日がやっと叶い、多くの家族が父の祖国でいろいろな想いを抱いたようです。
 家族が離れ離れになった黒幕は中国か…

○タイ・バンコク 江幡むつみ
 タイは涼しい季節、雨期に入りました。
 そんなタイのいろいろな風物詩。
 ラオスとの境のある村では、年1回メコン川の方に不思議な光が川面から空に上がるのが見えるそうです。人為的なものではなくまだ解明されていないそうです。
 そして穢れ落としの日の行事等。

« ジンバブエ、妻への禅譲とクーデターとどっちが正義か | トップページ | 「二十一世紀の人類像をさぐる」(梅棹忠夫) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/66058007

この記事へのトラックバック一覧です: 4マス、特に日本の4マスの存在意義についてもう一度考える必要がある:

« ジンバブエ、妻への禅譲とクーデターとどっちが正義か | トップページ | 「二十一世紀の人類像をさぐる」(梅棹忠夫) »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.