2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 自分の意見が通れば民主主義、の世界 | トップページ | 第5列のanti roleを糺す »

2017年11月12日 (日)

「ARIA 完全版 The MASTERPIECE 7」(天野こずえ)

 マンホーム(地球)からアクア(火星)に来た水無灯里が先輩のアリシアと物語を紡ぎ始めます。
 灯里とアリシアが1巻と2巻の表紙。
 そのうち、同輩の半人前の藍華、その先輩の晃と物語を進めていきます。
 藍華と晃が3巻と4巻の表紙。
 そして、人見知りの見習いのアリス、その先輩の不思議な歌姫アテナが物語に加わります。
 アリスとアテナが5巻と6巻の表紙。

 ARIAカンパニーのアリシアとの2人の時間を大切に過ごし、
 見習い半人前の3人で、若い夢を追い求め、
 一人前3人組と合わせて6人で、大切な時間を歩んでいきます。

 灯里がネオ・ヴェネツィアでさまざまな人と、人ならざるものと心を通わせていく。
 そして灯里と出会った人が新しい物語に気が付いていく。
 丁寧に心の流れが、優しく、深く、鮮やかに描かれて行きます。

 第7巻では、成長した彼女たちがなんと美しく輝くことか。
 6巻までもこころ揺さぶられるものがありましたが、
 この7巻では感極まってしまいました。

 そして、時の流れは止められませんが、進んでいくことはできます。
 時の流れに悲しみを誘われることは避けられませんが、
 それにも増して、成長や新しい出会いが待っています。

 そして静かに時代は移り行く。
 7巻の表紙が未来を希望を予感させます。

 これほど感動する作品に出合えたのは幸運でした。
 ARIAの世界を伝えてくれたきりんちゃん、ありがとう。

ARIA 蒼のカーテンコール

« 自分の意見が通れば民主主義、の世界 | トップページ | 第5列のanti roleを糺す »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/66032061

この記事へのトラックバック一覧です: 「ARIA 完全版 The MASTERPIECE 7」(天野こずえ):

« 自分の意見が通れば民主主義、の世界 | トップページ | 第5列のanti roleを糺す »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.