2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« フランスでのバター不足の理由は | トップページ | イギリス、世襲議員と貧富の格差と »

2017年11月15日 (水)

アメリカ銃社会の闇

◆NHKラジオ(1115)
○WN アメリカ・ワシントン 山崎一民
 銃による大量殺人が頻発する米国。
 銃規制の話になかなか発展しないのが不思議なところ。
 憲法で銃の所持が権利になっているとか。
 銃器産業が政治経済に大きな地位を占めているとか。
 いろいろありますが、さて。

○ワールドリポート
 スペインのカタルーニャ州の独立問題。
 スペインは独立を認めず、EUもカタルーニャ州には味方しない様子。
 ベルギーに逃げた前首相の身柄を拘束することになるかどうか。

○ニュースアップ
 米国務長官がミャンマーを訪問。
 ロヒンギャ問題は頭の痛いところ。
 とはいえ米国もミャンマーを突き放せば中国に向かうので難しい。

○ワールドリポート
 韓国では米国が韓国を軽視していることを警戒。
 トランプ大統領は否定したものの、韓国は気に入らなかったみたい。
 中国に遠慮して米韓の共同声明を軽視する姿勢はあまりよくないのでは。

« フランスでのバター不足の理由は | トップページ | イギリス、世襲議員と貧富の格差と »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ銃社会の闇:

« フランスでのバター不足の理由は | トップページ | イギリス、世襲議員と貧富の格差と »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.