2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 中国のシェア自転車が墓場になってしまう | トップページ | イタリア、中国、韓国それぞれ怪しい話題 »

2018年1月24日 (水)

マスコミの存在そのものが戦争を導く

 近代国家においてマスコミは戦争装置となっている。
 直接的なものと間接的なものがある。

 直接的なものはその通りマスコミが戦争を進めるもの。
 間接的なものは、マスコミが戦争を憎むふりをしながら
 人々の不和を惹起して、結局戦争に向かうことになるもの。

 マスコミの善悪と関係なく、マスコミの存在が戦争に向かう。

*****

◆NHKラジオ(0123)
○WN ロシア・モスクワ 安藤真理
 モスクワのイルミネーションや自動劇場の話題。
 ロシアはほんとに芸術大国。

○ワールドリポート
 台湾で人気の電動バイク。
 今後も増えていきそう。

○ニュースアップ
 アメリカ政府機関の一部閉鎖、大統領と議会の主導権争いで予算が人質になっている。

○ワールドリポート
 アメリカのトランプ大統領の就任1年。
 経済好調もトランプ大統領の手腕とはいえないかも。
 次の手は貿易か。

« 中国のシェア自転車が墓場になってしまう | トップページ | イタリア、中国、韓国それぞれ怪しい話題 »

コメント

情報過多で真実かどうかも解らない状況、プロパガンダも有りますしスポンサーの意向でベクトルの掛ってる情報も有りますね。でもテレビが本当の事ばかりを言ってないのは理解してるんですけどね。

鳴音さん、こんにちは。
マスコミが真実を言っているかどうかは、実は関係ないと思っています。
マスコミは局外にいて、反人類社会であることを是としています。
マスコミは勧善懲悪を目指しているので、結果として争いが惹起されるのです。
マスコミのほとんどがまったく戦争を起こすつもりが無くても、この性の故にそのうち戦争は起きるのです。
悲しいことですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/66314501

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミの存在そのものが戦争を導く:

« 中国のシェア自転車が墓場になってしまう | トップページ | イタリア、中国、韓国それぞれ怪しい話題 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.