2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

« 正義の副作用 | トップページ | 「レアリアIII 運命の石 前篇・後篇」(雪乃紗衣) »

2018年3月 3日 (土)

ラオスで京都バスが走る

◆NHKラジオ(0303)
【アジアリポート】
○ラオス・ビエンチャン 冨永幸子
 ラオスにて京都で使われていたバスが運行。
 カラーリングやデザインもそのままでなんだかいい感じ。

○フィリピン・バリワグ 野村幸代
 フィリピンでは誕生日は祝ってもらうのではなく振舞うもの。
 あとスペイン統治時代の名残で女性が18歳になったら祝うデブパーティー(デビューパーティー)というものがあるそうです。

*****

◇ホテル清掃員不足が深刻 建設ラッシュの陰で…業界の舞台裏 全国的に激化(西日本新聞) https://t.co/CzMQOUL1mf 「外国人労働者は「衛生観念が異なり、教育が難しい」」ほとんど出稼ぎ労働者ばかりのUAEの施設はどこも清潔だったので、教育が難しい理由は教える側のコミュ障だと思う。(大貫剛さんのツイート)
https://twitter.com/ohnuki_tsuyoshi/status/969463345253249024

◇「文化が違う人に適切に仕事をさせられない」というのは、日本人同士のコミュニケーションが文化の共有を前提としているのに、それを異文化の人にも同じように説明してしまうからでしょ。相手が理解できる言葉で説明する努力が足りない。
https://twitter.com/ohnuki_tsuyoshi/status/969463911303950337

◇UAEの労働者の多くはインド人、パキスタン人、アフリカ系といった人達ばかりだったけど、それでホテルの部屋や空港のトイレが汚かったということはない。
https://twitter.com/ohnuki_tsuyoshi/status/969464573819367424

◇きちんと教育ができる人材を確保して充分な賃金を払い、それを賄える宿泊料金を設定できるホテルが「清潔でサービスの良いホテル」と評価される。そういう循環ができれば良いのだろうな。「金がないから雇えない」と弁解するホテルは「不潔でサービスが悪い」と評価されればいい。
https://twitter.com/ohnuki_tsuyoshi/status/969465303011700736

 世界の良いところをもう少し研究できる人が必要なんだろうな。
 もちろん日本の良いところもきちんと見定めて。
 出羽守だけはいらない。

« 正義の副作用 | トップページ | 「レアリアIII 運命の石 前篇・後篇」(雪乃紗衣) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラオスで京都バスが走る:

« 正義の副作用 | トップページ | 「レアリアIII 運命の石 前篇・後篇」(雪乃紗衣) »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.