2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月31日 (水)

田中先生また安倍首相を称賛する

◆米国の中国敵視に追随せず対中和解した安倍の日本
https://tanakanews.com/181029japan.htm

<安倍も昨年まで、ずっと官僚の言いなりの指導者だった。だが、昨年来の動き、そして今回の訪中による対中和解の顕在化を見ると、田中角栄も小沢鳩山も道半ばで潰された日本の対米自立・官僚独裁からの離脱を、トランプに加勢してもらっている安倍晋三がやるかもしれないと(楽観的に)思えてくる。世界的に、昨今の対米自立は、左からより右からの方が成功できる。トルコのエルドアンや、イスラエルのネタニヤフと同様、安倍も、独裁的な長期の権力を手にした後、これまで困難だった自国の地政学的な方向転換を進めていける状況になっている。 >

 なんと田中先生が安倍首相を持ち上げています。
 田中先生って逆神なので、安倍首相の方針が田中先生の見込みと違うか、安倍首相が失敗するかという流れになるのではないかと危惧しております。
 面白いから追跡するけど。

*****

◆NHKラジオ(1030)
○ワールドリポート
 ベトナムからの技能実習生の話題。
 介護現場で期待されていますが、いろいろな問題も。

○ワールドリポート
 アメリカでトランプ大統領の減税の評価が低いとのこと。
 減税で豊かになったと感じることができない人が多いらしい。
 どうも企業とか富裕層が主に減税対象になっているからとか。

2018年10月30日 (火)

オーストラリアに中国人多数

◆オーストラリアを席捲する中国人(上) オーストラリア自転車&キャンプ旅2000キロ走破 第7回 WEDGE Infinity(ウェッジ)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/14356

 オーストラリアには中国人がたくさん。

*****

◆NHKラジオ(1029)
○ワールドリポート
 トルコに避難しているシリア難民の子供にトルコの柔道家が柔道を教えているそうです。

○ワールドリポート
 ベルギーのサッカークラブを日本の企業が買収。
 日本選手がヨーロッパで活躍する拠点を目指しているそうです。

2018年10月29日 (月)

「海図の世界史 -「海上の道」が世界史を変えた」(宮崎正勝)

 海上の航海に役立てられる海図がどのように変化していったか。
 ユーラシアとアフリカの「第一の世界」、南北アメリカの「第二の世界」、太平洋オーストラリアの「第三の世界」。
 これらを結び付けたのはヨーロッパ勢の大航海時代で、海図の発展とヨーロッパ勢の進出は並行して起こっています。
 不正確な海岸線や未知の大陸を探索しながら世界を明らかにしていった船乗りたちはすごいものです。
 一つの歴史の本ですが、どの様に世界の認識が変わり世界が動いていったか、地図を見ながら知るのも面白いものです。

2018年10月28日 (日)

米国中間選挙各州でいろいろ

◆NHKラジオ(1027)
〔ワールドネットワーク〕
○アメリカ・ミシガン 宮崎覚
 アメリカ中間選挙の話題。
 ミシガン州もいろいろあるみたいです。

2018年10月27日 (土)

知られざるポーランドのノーベル賞受賞者

◆NHKラジオ(1026)
〔ワールドネットワーク〕
○ポーランド・ワルシャワ 岡崎恒夫
 ノーベル平和賞を受賞したロートブラッド氏の話題。
 不思議なことにあまりポーランドでは知られていません。
 イギリスのパスポートを持っていたのでイギリス人と思われていたのか。
 はたまた途中で離脱したとはいえマンハッタン計画に携わっていたからなのか。
 第五福竜丸事件の時に親身になって調査した人なので覚えておきましょう。

〇海外まいあさだより
 スペインはバルセロナを含むカタルーニャ地方の独立問題の話題。

2018年10月26日 (金)

アメリカの最高裁判事は終身

さくら
 最近は朝からいい天気。会社や学校休んでどこか行こうかな。

しろぎつね
 お、出かけるのか? つき合うぞ。

さくら
 もう、冗談だよ。勝手には休めないよ。

しろぎつね
 むう、人間は自由がないなあ。

*****

◆NHKラジオ(1025)
〔ワールドネットワーク〕
○アメリカ・ワシントン 山崎一民
 アメリカの最高裁判事は終身でその時の大統領が選びます。
 大統領は自分の党派寄りの判事を選ぶことになるので、現在のトランプ大統領や共和党と野党民主党の間でも揉めることになります。

○ワールドリポート
 日本の和牛をオーストラリアに売り込もうとしていますが、オーストラリアでは既に和牛の遺伝子を導入したワギュウが人気。
 赤身が多くてオーストラリア人好み。
 霜降りの和牛をどう売り込むかの戦いが始まっています。

○ワールドリポート
 ヤジリー教徒がISに蹂躙され、女性が被害にあっています。
 まだ解放されていないヤジリー教徒も多数。
 こういったのはずっとなくならないです。

2018年10月25日 (木)

本庶先生がばらす日本のダメなところ

さくら
 日本の医薬品輸入超過額が3年連続で2兆円越えってニュース見たよ。

しろぎつね
 2000年から輸入額がずっと増加してるからねえ。

さくら
 日本の製薬企業って弱いの?

しろぎつね
 弱いと思うよ。日本で一番大きな製薬企業が世界で10何位とかだもの。

さくら
 この前日本の人がノーベル賞取ったのに?

しろぎつね
 その本庶先生が言ってるけど、日本の製薬企業が弱い理由として、日本の基礎研究を過小評価してるからだって。

さくら
 言っている意味がいまいちわかりにくいんだけど・・・

しろぎつね
 日本の製薬企業って、外国のベンチャーを買って失敗の連続、その一方で日本の研究者を過小評価しているの。そんなことされたら日本の研究者は外資に研究を売るよね。

さくら
 日本の製薬企業ってアホですか?

しろぎつね
 本庶先生も言ってるけど、日本の製薬会社には社内に目利きが少ないのよ。外資のトップには医学博士などがいるけど日本のトップには科学者がいないからわからないって。

さくら
 さんざんな状況ねえ・・・

しろぎつね
 知り合いから聞いた話だと、日本の会社で海外のベンチャーを買うとき研究者がみんな反対したんだけど経営者がごり押しで多額の投資をしたんだって。

さくら
 それで?

しろぎつね
 結果失敗。なんだかんだけ結局社員を千人くらいリストラしたそうな。しかも一社だけの話じゃないらしい。

さくら
 ひどい話ね・・・

しろぎつね
 まあ、日本の企業もこんなのばかりだけだと先があんまり明るくないよね。

さくら
 わあ、暗い話禁止! 

*****

◆NHKラジオ(1023)
○ワールドリポート
 船を動かす船員が世界で不足しています。
 世界でもフィリピン人船員が最も多く引く手あまた。
 日本もフィリピンでの船員獲得を目指していますが、ヨーロッパ勢の後塵を拝している感が。
 まあいろいろ施策を試みているようです。

○ニュースアップ
 サウジアラビアの記者死亡事件の話題。

○ワールドリポート
 米国中間選挙、ミレニアル世代の候補が注目されています。

◆NHKラジオ(1024)
○ワールドリポート
 環境に配慮したイギリスのサッカーチームの話題。

○ワールドリポート
 安倍首相訪中。
 なんだか最近中国の日本への当たりが軟化している。
 中国首脳部の思惑はともかく対日イメージは数年前に比べてかなり改善されているみたい。
 何にもなくていい顔する国ではないからそこは注目。

2018年10月24日 (水)

「スレイヤーズ16 アテッサの邂逅」(神坂一)

 シリーズ開始から29年、本編としては18年ぶりの新刊。
 かなりの人がライトノベルの祖と認定する伝説のシリーズが再び動き出しました。
 降魔戦争再来を阻止したリナ一行は一旦それぞれに分かれ、リナとガウリイはゼフィーリアヘ向かいます。
 そのゼフィーリアとセイルーンとの国境の町アテッサでリナがトラブルに巻き込まれて、というところで話が進みます。
 話のテンポとリナの非道ぶりにこれこそスレイヤーズと懐かしい思いがしました。
 今回は紹介回にも見えましたので続編に期待したいところです。
 神坂先生がんばれ!

2018年10月23日 (火)

八百長で客が逃げる

その記者の能力以上の記事が書かれることはない。

*****

◆NHKラジオ(1022)
○ワールドリポート
 ロシアで開発されているAI兵器の話題。

○ニュースアップ
 インド首相が来日の話題。

○ワールドリポート
 タイの名門競馬場の閉鎖の話題。
 黒い噂には勝てなかったか。

2018年10月22日 (月)

カルチャーラジオ、ブラックホールと登山

◆カルチャーラジオ 日曜カルチャー 「やさしい“ブラックホール”入門」(1)全4回
http://www4.nhk.or.jp/P1940/x/2018-10-07/06/74204/3657899/

 日曜のカルチャーラジオ、10月はブラックホール。

◆こころをよむ 登山のススメ~医師として、登山家として ▽日本人と登山1
http://www4.nhk.or.jp/kokorowoyomu/x/2018-10-07/06/74145/3641732/

 そしてこころをよむ、秋は登山。

2018年10月21日 (日)

アジアリポートはイルクーツクとインドネシアから

◆NHKラジオ(1020)
〔アジアリポート〕
○ロシア・東シベリア 多田麻美
 イルクーツクの秋の味覚。
 ベリー、キノコ、魚の卵の話題など。

○インドネシア・西ジャワ州チカラン 奥信行
 インドネシアの町内会でごみ減量を目標に、成功している話題。
 隣組とか町内会とかは旧日本軍の影響。

2018年10月20日 (土)

米中で海の対立が進む

しろぎつね
 人間は元気にもめてるねえ。

さくら
 そんなのんきに言われても・・・
 けが人どころか死んだ人も出ているのよ。

しろぎつね

 賢いからじゃないのかな。

さくら
 は?

しろぎつね
 ほら、知識人とか宗教家とか運動家とか、賢い人って人間を悪として語るじゃない。

さくら
 まあ、悪い人もいるけどね・・・

しろぎつね
 自分たちは善、相手は悪として生きていると、まあ悪がのさばる世の中は正さなければならないのさ。

さくら
 巻き込まれたくないわね・・・

しろぎつね
 逃げてもそのうち「敵か味方か」と問われてしまうだろ。

さくら
 かなりな無理ゲーね。
 じゃあ「人間は悪」に対して「人間は善」って言ったら?

しろぎつね
 悪い人間に利用される。

さくら
 ダメかあ。

しろぎつね
 まあ無理に考えなくても熱が冷めたらおさまるよ。

さくら
 けど、本当に賢い人なら人間を悪なんて考えないはず。あいつらニセ賢者よ。

*****

◆NHKラジオ(1019)
〔ワールドネットワーク〕
○フランス・パリ 浅野素女
 メイド・イン・フランスを守る下着会社の奮闘。

○海外まいあさだより
 台湾の統一地方選挙の話題。
 台湾では必ず4年に一度行われ、総統選挙と2年ずれています。
 蔡英文政権の支持率が下がる中での選挙戦に注目が集まっています。
 また、台湾では環境問題もクローズアップされていて、こちらも注目されています。

○ニュースアップ
 南シナ海や台湾海峡で米中の緊張がエスカレート。

2018年10月19日 (金)

サウジアラビアの話題はどんどん深刻な感じに

◆中国でなく同盟諸国を痛める米中新冷戦  - 田中宇の国際ニュース解説
https://tanakanews.com/181016china.htm

さくら

 トランプ大統領が米国の覇権放棄を画策しているって本当なのかしら。

しろぎつね

 さあ、それはわからんねえ。これって田中氏の持ちネタだから。

さくら

 それに在日米軍も日本から撤退するって、まあいなくなる分にはいいか。

しろぎつね

 場合に寄るんじゃないかな。

さくら

 どういうこと?

しろぎつね

 在日米軍は日本国憲法とセットなんだよね。在日米軍の撤退には日本国憲法の修正が必要なのよ。

さくら

 じゃあ在日米軍撤退と憲法改正反対を同時に唱えている人は?

しろぎつね

 さあ?
 知らずに頑張っているのか知っててやっているのか。

*****

◆NHKラジオ(1018)
〔ワールドネットワーク〕
○べナン・コトヌー 石田泰久
 ベナンでの給食の話題。

○ワールドリポート
 サウジアラビアの記者殺害疑惑の話題。

○ニュースアップ
 米国との貿易協定にある毒薬条項についての話題。

2018年10月18日 (木)

サウジアラビア問題で原油価格が上がるか

◆カルチャーラジオ 歴史再発見「元号文化の歩み」(3)
http://www4.nhk.or.jp/P1927/x/2018-10-16/06/66382/3652909/

さくら

 日本で西暦、中国で公元って言っているけど、結局キリスト紀元(Anno Domini)なのよね。

しろぎつね

 元号じゃなくて西暦にしようって時点で政教分離に引っかかるわけだ。奥が深い。

さくら

 ヨーロッパでもADが使われるようになったのって10世紀なのね。ずい分普及に時間がかかったわね。

しろぎつね

 10世紀になったから広まったんじゃないかな。10世紀といえば西暦900年代、1000年期の終末論とかで流行したんだろうさ。

さくら

 あ・・・

*****

◆NHKラジオ(1017)
○ワールドリポート
 EUの難民問題。
 ギリシャの負担が大きくて、移民数が多いためその移民に負担が大きくて。
 それでも他のEU諸国は負担をしたくなくて。
 EUの人道主義はどこに行くのか。

○ニュースアップ
 サウジアラビアの記者失踪事件。
 さすがに非難の態度を表す国が多いみたい。
 原油価格に影響するかな。

○ワールドリポート
 日韓共同宣言から20年。
 それ自体は現在も評価されているけど、日韓関係は微妙。

2018年10月17日 (水)

国政選挙に前大統領投入という掟破り

しろぎつね

 秋は日が暮れるのが早くなるねえ。

さくら

 もう秋分の日からだいぶ経ったわよ。

しろぎつね

 月が出ていたらそれを眺めながらお酒かなあ。

さくら

 もっと他の、読書の秋とか言って欲しかったわね・・・

*****

◆NHKラジオ(1016)
○ワールドリポート
 香港で高速鉄道が開業。
 一国二制度で大陸鉄道と結節。
 さて。

○ワールドリポート
 米国中間選挙まであと三週間。
 民主党はオバマ前大統領を投入。
 トランプ大統領はマイペースにオレ流。

2018年10月16日 (火)

第一の眠り、第二の眠り

◆睡眠の常識を根底から覆してくれた「失われた夜の歴史」―概日リズム睡眠障害や解離の概念のパラダイムシフト - いつも空が見えるから
https://susumu-akashi.com/2018/02/night_in_times_past/

 「第一の眠り」と「第二の眠り」というのが中世以前のヨーロッパにはあったようです。
 日本ではあまり聞いたことがないですが、あったのかな。

*****

◆NHKラジオ(1015)
○ワールドリポート
 シンガポールで配送品の増加で配達員が不足したため、一般の人を配達員にし始めた話題。
 これって新機軸とかアイデアとかいえるものなの?

○ニュースアップ
 シリアで非武装地帯が設置できるかどうかで総攻撃になるかどうかが決まります。
 どうなるか。

○ワールドリポート
 マルタのジャーナリスト殺人から1年。
 政府要人とジャーナリストとどちらが勝つか。

2018年10月15日 (月)

偽装留学生大国日本とベトナム

◆なぜ、日本は「偽装留学生」大国になったのか? 偽装留学生の闇① 出井康博 (ジャーナリスト)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/14168

◆ベトナム人が夢見る「1カ月で年収が稼げる国」 偽装留学生の闇②
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/14169

◆なぜベトナム人青年の家族は「一家離散」となったのか? 偽装留学生の闇③
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/14170

◆ベトナム人の「親日」はいつまで続くのか? 偽造留学生の闇④
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/14171

<「留学生」として出稼ぎにやってくるベトナム人の多くは、日本で暮らすうちこの国を嫌いになっていく。借金に頼った留学費用の返済と学費の支払いのため、低賃金・重労働のアルバイトに酷使されるからである。借金返済に追われ、窃盗などの犯罪に走る留学生も増えている。ベトナムにおける対日感情を悪化させないためにも、“偽装留学生”の流入は早急に止める必要がある。>

 ベトナムの闇の商人に利用される、金稼ぎ目的のベトナム人たち。
 そしてその低賃金を利用する日本の闇業者たち。
 取り締まる気のない行政と、何も手を打とうとしない政府立法府。

 過疎の田舎の工場に一人ベトナム人が働いていたがその孤独はどのほどのものだったろうか。

2018年10月14日 (日)

アジアリポートはベトナムとタイから

◆NHKラジオ(1013)
〔アジアリポート〕
○ベトナム・ホーチミン 山崎亜里佐
 ホーチミンの81階建て高層ビルの話題。
 あべのハルカスより高いのだとか。

○タイ・バンコク 江幡むつみ
 バンコクでのマンション建設ラッシュとリポーターさんのマンション苦労の話題。

2018年10月13日 (土)

韓国ではでき婚が好まれる?

◆トランプが捨てた国連を拾って乗っ取る中国
https://tanakanews.com/181011unchina.htm

 国連の主流が米国から中国への説。

<実のところ、先日の国連総会で起きた最も重要な動きは、トランプの覇権放棄の宣言でない。最重要の動きは、トランプが放棄した「国連の主導役」つまり世界的な覇権を、中国がひろい集め、トランプが捨てた国連を中国が乗っ取りつつあることだった。在米の国際政治学者であるリチャード・ゴワン(Richard Gowan)は、今回の国連総会について「(世界の注目を集める)総会の議場ではトランプの声高な演説が目立ったが、(人目につかない)国連ビルの窓のない各種委員会の部屋では、中国の外交官たちが取り仕切り、国際協調の基本ルールを、中国好みのかたちに変形させる作業を忙しく続けている」と書いている。>

 中国もかなり攻めていると思うけど、さて田中先生の米国覇権放棄多極化論はいけるか。
 各国の通貨、株価をもうちょっと観察しないとわからないわね。

*****

◆NHKラジオ(1012)
〔ワールドネットワーク〕
○アメリカ・ロサンゼルス 二見文子
 電動スクーターが流行っているのですが、ルールというかマナーが悪くて周りとのトラブルがひどいとのこと。
 電動スクーター自体は面白そうなのですが。

○海外まいあさだより
 韓国での親孝行な結婚式の例について。
 親が自慢できる企業や大学連携の施設というのはなるほど。
 花嫁が妊娠しているというのも、孫がすぐ見られるという意味で好まれるのか。
 できちゃった婚が推奨されるのもすごいわ。

○ニュースアップ
 アメリカ中間選挙はテキサスの選挙に注目が集まっています。
 共和党の候補は大統領選にも出たクルーズ氏なのですがなんと苦戦。
 共和党の牙城ともいえるテキサスで民主党候補が猛追している番狂わせ。
 どうなるか。

2018年10月12日 (金)

絵だけみて騒ぐのはちょっとね

◆「萌え絵」と呼ばれるスタイルがジャポニズムを超える日
http://koshian.hateblo.jp/entry/2018/10/09/184510

 けっこう読み応えのあるブログ。
 「萌え絵」について世間の人が誤解していることを、詳しく解説しています。
 えらい先生方がろくに調べもせずに発言しているのは困りますね。

<絵はもはや絵だけ見てもわからない時代になっているのである。そこに込められた人格と物語を、さあ楽しもうではないか。そこに国境はない。>

 ほんとに。

*****

◆NHKラジオ(1011)
〔ワールドネットワーク〕
○イラン・テヘラン 芝田幸子
 イランの通貨下落でいろいろ大変なようです。
 ドル建ての航空運賃が3倍以上になったり、いろいろな物価が上がっています。
 ただ、ガソリン価格が変わらないというのが産油国の強いところ。

○ワールドリポート
 イスラエルにいるアメリカとの二重国籍の人が、中間選挙での共和党を応援。
 アメリカで数が多い福音派への影響力が大きいそうです。
 海外からのちょっかいがあるって世界中でどこでもなのかな。

○ワールドリポート
 マーシャル諸島の戦争体験を綴る映画の話題。

2018年10月11日 (木)

そりゃかわいい絵の方が人気があるだろう

◇きなしさんのツイート
元児童書担当として言わせてもらうけど、「ぶっちゃけかわいい絵の本の方が売れるので」以上です。 大人のセンスとしては岩波とかが知的で上品でいいなと思うけど(本棚の統一性も出るし)、青い鳥、つばさ、ポプラのかわいい表紙の方が売れるよ。売れるもんは売れるし、売れないもんは売れないよ。
https://twitter.com/enju_kinasi/status/1049143328367726594

 かわいい絵は「努力」だよ。
 これを「堕落」とみなす人のいかに多いことか。

*****

◆NHKラジオ(1010)
○ワールドリポート
 ブラジルの大統領選挙は第一回投票が終わり、上位二人による決選投票へ。
 ところが過激右派と汚職で辞めた前職の後継者の一騎打ちで、それぞれ投票したくない人の割合が半数に。
 不人気ダービー。

○ニュースアップ
 日豪の防衛関係はより強いです結びつきへ。
 一方日韓の防衛関係は自衛隊旗を韓国が拒否して暗雲が漂っています。
 どうなるんだろう。

○ワールドリポート
 中国と北朝鮮は強い絆で結ばれています。
 しかし中国も世間体があるので北朝鮮に甘い顔ばかりはできない状況です。
 中国のことだからいろいろ策を巡らせていたりして。

2018年10月10日 (水)

いわゆるクソゲーハードモード

賃下げのエナジードレインしてくる経済界、超音波やマントラでSAN値を下げてくる右翼左翼、何故かINTダウンの攻撃をするマスコミ。こういうゲームだと思って生きていかないとね。ハードモードだね・・・

*****

◆NHKラジオ(1009)
○ワールドリポート
 ネパールで人身売買が増え続けている話題。
 SNSに無防備な人が多いことと、抜け穴だらけのインド国境が問題。
 なんともがばがばな・・・

○ワールドリポート
 大リーグ大谷選手の話題。

2018年10月 9日 (火)

田中先生が薦める「若おかみは小学生!」

◆NHKラジオ(1008)
○ワールドリポート
 インドネシア大地震と津波の後の状況について。

○ワールドリポート

 アメリカの利上げによって金回りが逆流して新興国で通貨安が進行しています。
*****
「若おかみは小学生!」は見に行くべき。
田中先生が薦めていたので上映終了間際で見に行きました。

2018年10月 8日 (月)

「円の国際史」(菊地悠二)

 明治の円の誕生から終戦での占領下での扱いを経て経済が上向きになりそして不安定になった20世紀末までの歴史を説明した章と、21世紀の円の国際化に向けての展望を描いた本です。
 2000年の本なので、現在の経済状況は反映されていませんが、円がどんな経緯で誕生して世界と向き合ってきたかを見るのはいい本だと思います。
 近代はずっと金銀の流出と為替差損で国内経済がダメージを受けていたことがわかります。
 現代も似たような状況が見え隠れしているようですが。

2018年10月 7日 (日)

NHKアナウンサーが噛むことが増えたのが気になります

・売り上げや視聴率を目標とする業績追及マスコミ
・提供や人脈支援を目標とする誘導目的マスコミ
 大人の事情はあるけれど、そればかり悪目立ちするのはどうなのか。

 マスコミは知性の森の一つと思われていたが、今や見る影もない。
 NHKのアナウンサーでさえ噛みまくる。

*****

◆NHKラジオ(1006)
〔アジアリポート〕
○中国・香港 中野嘉子
 香港から台風の話題。

○フィリピン・ブラカン州バリワグ 野村幸代
 フィリピンからマニラの渋滞の話題。

2018年10月 6日 (土)

風力発電で温暖化?

◆NHKラジオ(1005)
○海外まいあさだより
 中国からインターネットで知り合ったママ友の話題。

○ニュースアップ
 アメリカ、ポンペイオ国務長官が北朝鮮を訪問へ。
 非核化の行方はどうなるか。
 どうもならないか。

○ワールドリポート
 日仏友好160年を記念してエッフェル塔のライトアップ。

*****

◆風力発電も気候変動の原因に、環境負荷は太陽光発電の約10倍 研究
http://www.afpbb.com/articles/-/3192229?cx_part=latest

 風力発電も環境に無害というわけではないということ。

◆カルチャーラジオ 歴史再発見「元号文化の歩み」(1)<全13回>
http://www4.nhk.or.jp/P1927/x/2018-10-02/06/73002/3652907/

 今期の歴史再発見は元号か・・・

2018年10月 5日 (金)

サマータイムは世界で不人気

◆NHKラジオ(1004)
○ワールドリポート
 ヨーロッパでサマータイム廃止の動き。
 サマータイムの人気は良くないらしい。
 日本でも採用しないみたいなので何より。

○ワールドリポート
 世界の結核対策についての話題。

2018年10月 4日 (木)

ロシアも韓国も大統領が旗色悪い

◆NHKラジオ(1003)
○ワールドリポート
 日本がアフリカ大陸に在外公館を置いてから100年。
 最初は南アフリカのケープタウン。

○ニュースアップ
 ロシアでプーチン与党敗北続く。
 年金改革で失敗か。

○ワールドリポート
 韓国の最低賃金引き上げの波紋。
 雇用側の経営が悪化するなどで文大統領支持率は低下。

2018年10月 3日 (水)

ノーベル物理学賞と化学賞

◆The Nobel Prize in Physics 2018
https://www.nobelprize.org/prizes/physics/2018/summary/

 物理学賞はレーザー研究でした。

◆The Nobel Prize in Chemistry 2018
https://www.nobelprize.org/prizes/chemistry/2018/summary/

 化学賞はタンパク質関連。

☆来年から医療関係者への香典禁止

☆日本医学会会長HPVワクチン推奨なし

☆ジェネリック中国原薬高騰で苦戦

☆2016年度国民医療費42兆1381億円

*****

◆NHKラジオ(1002)
○ワールドリポート
 台湾の地方選挙と国民投票の話題。

○ワールドリポート
 米朝首脳会談、2回目に向けての話題。

2018年10月 2日 (火)

ノーベル医学生理学賞に本庶先生

◆The Nobel Prize in Physiology or Medicine 2018
https://www.nobelprize.org/prizes/medicine/2018/summary/

 本庶先生、ノーベル賞おめでとうございます。

 小野と日本の製薬業界にダメ出し。
 まあ、製薬企業だけでなく日本の企業の経営者は旧軍並みに残念というのがありますが。

*****

◆NHKラジオ(1001)
○ワールドリポート
 マケドニアの国名変更についての国民投票。
 どうも反対派がボイコットを呼びかけたため既定の投票率に届いてないとか。
 北マケドニアでも嫌だというギリシャ人も多いので前途多難。

2018年10月 1日 (月)

「朝鮮人のみた中世日本」(関周一)

 室町時代の日本の様子を当時日本を訪れた朝鮮の人々の資料から読み解いた本です。
 この時代の朝鮮側の資料として宗希璟の「老松堂日本行録」、申叔舟の「海東諸国記」、朴瑞生の「朝鮮王朝実録」から引いています。
 まず朝鮮の人が書いたのが海賊と遊女男色というのが面白いです。海賊はともかく風俗の面ではかなり日朝で意識の差があったことが伺えます。昔からこの手の話題には事欠かない国だったということでしょう。
 その他日本と朝鮮の事物の差がいろいろあげられています。朝鮮は布貨幣、日本は宋銭を好んで使っていることろなど。
 面白いことに、朴瑞生などは日本でみた水車(自転揚水車)に興味を持ち朝鮮での導入を試みているなど日本について興味をもって観察していますが、15世紀半ば以降の李仁畦の頃になると日本については興味がないのか日本評価は軽視の方向になっているところです。
 朝鮮王朝も創世期を過ぎて安定期に入ると、海外に対する興味を失ってしまったのかもしれません。

 あとこの本で書かれているのが1419年の応永の外寇(朝鮮名:己亥東征)。
 朝鮮王朝の太宗が、対馬がかつて朝鮮領だったとして出兵したものです。
 事前に情報が漏れないようにして朝鮮にいた日本人を591名拘留、分置、うち136名が死亡したというかなりのもの。
 1万7千人余で出兵しましたが、最後糖岳の戦いに敗れて撤退しています。
 敗戦したとはいえその後も、対馬はもともと鶏林(慶州)に属していたものと認識されていて、今に至っているみたいです。
 ただ、その後の海東諸国記には対馬は日本という地図があったりして、だいたいはこっちの認識だったのだろうと考えられます。

 朝鮮人から見た中世日本の様子ということで、現代とはまた違った見方ができると思います。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.