2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« NHKアナウンサーが噛むことが増えたのが気になります | トップページ | 田中先生が薦める「若おかみは小学生!」 »

2018年10月 8日 (月)

「円の国際史」(菊地悠二)

 明治の円の誕生から終戦での占領下での扱いを経て経済が上向きになりそして不安定になった20世紀末までの歴史を説明した章と、21世紀の円の国際化に向けての展望を描いた本です。
 2000年の本なので、現在の経済状況は反映されていませんが、円がどんな経緯で誕生して世界と向き合ってきたかを見るのはいい本だと思います。
 近代はずっと金銀の流出と為替差損で国内経済がダメージを受けていたことがわかります。
 現代も似たような状況が見え隠れしているようですが。

« NHKアナウンサーが噛むことが増えたのが気になります | トップページ | 田中先生が薦める「若おかみは小学生!」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113694/67252189

この記事へのトラックバック一覧です: 「円の国際史」(菊地悠二):

« NHKアナウンサーが噛むことが増えたのが気になります | トップページ | 田中先生が薦める「若おかみは小学生!」 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.