2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 本庶先生がばらす日本のダメなところ | トップページ | 知られざるポーランドのノーベル賞受賞者 »

2018年10月26日 (金)

アメリカの最高裁判事は終身

さくら
 最近は朝からいい天気。会社や学校休んでどこか行こうかな。

しろぎつね
 お、出かけるのか? つき合うぞ。

さくら
 もう、冗談だよ。勝手には休めないよ。

しろぎつね
 むう、人間は自由がないなあ。

*****

◆NHKラジオ(1025)
〔ワールドネットワーク〕
○アメリカ・ワシントン 山崎一民
 アメリカの最高裁判事は終身でその時の大統領が選びます。
 大統領は自分の党派寄りの判事を選ぶことになるので、現在のトランプ大統領や共和党と野党民主党の間でも揉めることになります。

○ワールドリポート
 日本の和牛をオーストラリアに売り込もうとしていますが、オーストラリアでは既に和牛の遺伝子を導入したワギュウが人気。
 赤身が多くてオーストラリア人好み。
 霜降りの和牛をどう売り込むかの戦いが始まっています。

○ワールドリポート
 ヤジリー教徒がISに蹂躙され、女性が被害にあっています。
 まだ解放されていないヤジリー教徒も多数。
 こういったのはずっとなくならないです。

« 本庶先生がばらす日本のダメなところ | トップページ | 知られざるポーランドのノーベル賞受賞者 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの最高裁判事は終身:

« 本庶先生がばらす日本のダメなところ | トップページ | 知られざるポーランドのノーベル賞受賞者 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.