2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 「りゅうおうのおしごと!」(白鳥士郎) | トップページ | 構造比較試論 »

2022年2月 6日 (日)

分光

 17世紀、太陽光をプリズムに通すと虹の様に光が分かれることをニュートンが発見しました。この分光はプリズムの他に分光シートでもできます。プリズムは三角柱で光を屈折分散させて虹色を作りますが、分光シートは細かい筋を引いた回折格子で虹色を作ります。
 この分光シートの回折格子を使って面白い遊びができます。分光シートの筋をチョコレートに転写させて、虹色に光るチョコレートを作るというものです。薬理凶室のくられ先生チームとGENKI LABOの市岡元気先生のところで動画がアップされているので見てください。

★薬理凶室
https://www.youtube.com/watch?v=u6oRu-lHtxk

★ GENKI LABO
https://www.youtube.com/watch?v=u6oRu-lHtxk

 そろそろバレンタインですが、虹色チョコレートは果たしてどれくらい現れるのか。

 分光と言えば、コロナでマスクをしないといけないので眼鏡の人はガラスが曇って大変です。しかし、夜になると街の灯りが曇り眼鏡で分光されることに気が付く人がいるはずです(眼鏡によって違うのでそうでは見えない人もいると思いますが)。白色光はきれいに分光し、暖色光は赤側に、信号の色はそれぞれ単色になって見えます。

 まあきれいなんだけど、前が見えなくて危ないので、できれば眼鏡の曇りは拭くなりして取りましょう。

« 「りゅうおうのおしごと!」(白鳥士郎) | トップページ | 構造比較試論 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「りゅうおうのおしごと!」(白鳥士郎) | トップページ | 構造比較試論 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.