2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 邦画はねえ | トップページ | タイプA »

2022年5月31日 (火)

月の音色 第208回

 昨日5/30は「大原さやか朗読ラジオ 月の音色~radio for your pleasure tomorrow~」の第208回配信でした。

 https://www.onsen.ag/program/tsukinone/

 今回は文学館でしたが選ばれませんでした(笑)。

*****

 本日も読まれなかった昔の投稿作品をちょっと。

<私をくるむもの>

私は意思を持つ剣、いわゆる魔剣ね。
私の世界には悪い魔女がいるのだけれど、その魔女を倒すには魔剣が必要なの。
これまで多くの勇者が私のところに来た、けれども誰も私を持ち上げられなかったの。

私が奉納されて百年・・・いや二百年くらいは経ったかしら、やっと私を持ち上げられる人が現れた。
さあ、魔女退治よ。
早速勇者と私は魔女が住む古城に向かった。
城の大広間に入ると忽然と魔女が現れた。
さあ、私の出番よ。
勇者が私をくるむ聖なる布を取ると、私の体から光が迸る。
そう、私は光の魔剣。
私の光り輝く力で魔女は倒された。

再び聖なる布をまとって勇者と共に街に戻る。
歓声の中勇者が小声で尋ねた。
「なぜ今まで誰もあなたを持ち上げられなかったの?
 そんなに重くないよね?」
「え?
 それは今までずっと男の勇者ばかりだったからよ。
 男の人の前で裸になるのは・・・ほら・・・恥ずかしいじゃない」

女勇者が微妙な顔を見せたのはなぜかしら?

<end>

« 邦画はねえ | トップページ | タイプA »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 邦画はねえ | トップページ | タイプA »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.