2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« ふわっとした話 | トップページ | ある国のZ »

2022年5月25日 (水)

月の文学館 2019年10月投稿分

 今回も昔月の音色に投稿した作品をあげてみます。
 第140回で、この時は採用されて読んでもらったものです。
 これが番組で私が初めて読まれた作品になります。

*****

突然だが私は昔UFOを見たことがある。
そんなことを言うと、たいていの友人からは冗談だと思って笑われる。
私も馬鹿馬鹿しくなり、そのうち誰にも言わなくなってしまった。

私も大人になって結婚し、やがて子供が産まれた。

そんなある日、子供と買い物に行った帰り道、
「パパ、あれなあに?」
と子供が空を指さした。
私には何も見えなかったが、あの時の音色が、昔出会ったUFOと同じ音が確かに聞こえたのだ。

「行っちゃった」
そうつぶやく子供の顔を見ながら、懐かしさと寂しさと、そして嬉しさが心をかき混ぜた。

会えなくても会えるものはあるのだ。
私はそっと子供の頭を撫でたのだった。

<end>

« ふわっとした話 | トップページ | ある国のZ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふわっとした話 | トップページ | ある国のZ »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.