2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 自己責任という言葉 | トップページ | 太陽光発電の雑記 »

2022年6月27日 (月)

月の音色 第210回

 本日は「大原さやか朗読ラジオ 月の音色~radio for your pleasure tomorrow~」の第210回配信でした。

 https://www.onsen.ag/program/tsukinone/

 月の文学館のお題は「スタンプカード」。
 今回も読まれませんでしたが、みなさん上手ですねえ。

 そして飯テロの朗読先品。。。

*****

 今回も過去の読まれなかった作品を。
 2020年2月投稿分です。

<おまもり>

先週の試験はさんざんだった。
特に英語は赤点、明日追試である。
放課後とぼとぼと部室へ向かうと部長に声をかけられた。
「あなた、英語追試だそうね」
何故部長が俺のテストの点を知っているんだ。
「追試でも赤点だった部員が出た部は来年の予算が削られるの」
俺のせいにされても困る。
「あなたにお守りをあげるわ」
部長は青い石を渡してくれた。
「がんばるのよ」

翌日、補習室でテストを解いていると、何か頭にささやきかけてくる気がした。

次の週、無事追試はクリアした。
俺は部長にあの石と謎の声のことを訊ねた。
「あれは石の中に宿る悪魔の声らしいの。テストの答えを教えてくれる」
それじゃカンニングし放題じゃないか。
「でもね、3回以上使うと中の悪魔に心を乗っ取られるらしいの。今まで2回使った人はいないようね。次赤点だったらまた貸すわよ」
にっこり微笑む部長に俺は黙って石を返した。
そんな恐ろしそうなもの、二度と使いたくないです。

<eof>

« 自己責任という言葉 | トップページ | 太陽光発電の雑記 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自己責任という言葉 | トップページ | 太陽光発電の雑記 »

今日の月齢

無料ブログはココログ

その他

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.